宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

プロがプロである所以

 

世の中には様々な職業がありその道のプロと呼ばれる人もたくさんいます。

まあ、もっと平たく言えば人様から対価をもらいそれを生業としている人は一様にプロと呼んでも良いのかもしれません。

 

もちろん、プロにもいろんなプロがいます。

詐欺師のようなプロもいれば多くの人から一目置かれるようなプロもいます。

今回、私はどのようなプロが良くてどのようなプロが悪いなどという議論をしたいわけではありません。

プロがプロである所以をお話ししたいと思います。

 

まずプロには圧倒的な能力が必要です。

素人が敵わない、ある一線を超えた才能です。

大前提としてこの能力が無い、もしくは低いとその道のプロとして生きていくことはできません。

プロの方々はこの能力を磨くため日々努力し、徹底的にその能力を研ぎ澄ましています。

 

でもこれは必要というだけであり、これだけでは十分ではありません。

これはプロがプロである所以ではないのです。

 

それではプロがプロである所以とは?

それは、コミュニティに対する愛なんです。

いちいち書くのも面倒なのでコミュニティの細かい定義は読者の皆様にお任せします。

 

コミュニティを大切にできない人、コミュニティに対する愛が無い人は遅かれ早かれその道から外されます。

そのコミュニティで生きていくことができなくなるのです。

要するにその道のプロではなくなるということです。

まあ、これはちょっと考えてみれば当たり前のことかもしれませんね。

例えばプロ野球選手がプロ野球に対する愛を失ってしまえばいくら能力や才能があったとしてもその道で生きていくことは難しいでしょう。

仮にその世界で通用していたとしても相当な苦労と異常なほどのストレスに耐えなければならないかもしれません。

 

もちろん、私が言っていることですから正しいか間違っているかなんてわかりません。

「別にコミュニティに対する愛なんかなくても私は才能があるんだから関係ありません」と言われるかもしれませんので「そうかもしれませんね」と先にお答えしておきます。

 

ただ、現在プロとして第一線で活躍している人も今一度このコミュニティ愛というものを確認し直してもよいかもしれません。

もし、今のコミュニティに対する愛なんかそもそも無かったと気づいた人はそのコミュニティから外れて違うコミュニティに移るという選択肢もありだと思います。

こんな非常事態だからこそ静かに自分の言動を見直してみるのもいいかもしれませんよ。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。