宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

ドアを開ける

 

もともと私たちはとても豊かな存在なのですが豊かではないという幻想を信じ込んでいるので豊かになろう、幸せになろうと一生懸命努力します。

それ自体はまったく悪い事でもいけない事でもないのですが豊かになる方法とか幸せになる方法をとても狭めてしまっていることがあります。

 

例えば、楽しい人生を送りたいという希望を持っていたとしましょう。

おそらく多くの方は楽しい人生を送るためにはお金が必要だと思っているのではないでしょうか?

あなたはお金という名のドアを開けます。

そして、そのドアから入ってきたお金を手に入れたあなたは楽しい人生を送るのです。

おわり。

 

となれば話が早いのですがそうは問屋が卸しません。

なぜなら、人間の欲望には限りが無いからです。

もっと楽しい生活を送るためにもっともっとお金が必要だという思考回路を植え付けられていますからいつまでたってもお金が足りないんですね。

だから、ドアの前でお金を待ち、入ってきた次の瞬間には来月の給料日が待ち遠しい状態になっているんです。

 

まあ、根本的な話をすると欲望をコントロールして私利私欲を軸に生きるのではなく他利他欲を優先して生きるようになればほとんどの問題は解決するのですが今回の記事は少し論点が違いますので割愛します。

欲望のコントロールについて知りたい方は過去記事を2億回ほど読んでいただければ理解して頂けると思いますのでそちらをご参照くださいませ。

 

さて、お金のドアからお金は入ってきますがいつまでたっても満足のいく生活が送れません。

裏を返せばお金のドアしか開けていないということが分かります。

要するにすべての行動が「お金」を起源としてスタートしているんです。

 

お金以外のドアも開けてみてはいかかでしょう?

「時間」、「人」、「モノ」、何でもいいんです。

考えられるすべてのドアを開けるんです。

想像できるあらゆるドアを開けてみてください。

 

 

ドアの開け方

そんなこと言われてもドアの開け方が分からないという方へ

 

私はかつてドアの開け方が分かりませんでした。

私が長い間かけて編み出したドアの開け方の秘密をお伝えします。

 

お金のドアの開け方は多くの方は知っていると思います。

実際にお金のドアを開けている人はたくさんいるでしょう。

ではなぜそのほかのドアを閉じてしまっているのか?

 

いいですか?

ドアを開ける秘密は期待ではなく信頼です。

抽象的なこと言ってねーでもっと具体的に教えろよっ!と言われそうなのでゆっくり説明しますね。

 

お金のドアを例にとると例えば会社員の方は給料日にお金が一定額貰えると信頼していると思います。

期待ではなく信頼です。

貰えるといーなーではなく貰えるという信頼がそこにはあります。

だから給料日にお金のドアから入ってくるのです。

 

でも、その他のドアを開ける時にはなぜか期待が入るんです。

期待とは裏を返せば恐怖なんですね。

「そうなったらいーな」は裏を返せば「そうならなかったらいやだ」という事です。

だけど、信頼は違います。

そうなるんです。

入ってくるんです。

入ってきたらいーなーじゃなくて入ってくるという信頼がそこにはあります。

 

何が言いたいのかと言うと、あなたにはいつも、どんな時もサポートが必ずあるんですという事です。

それを信頼してください。

あらゆるドアを開け、扉を全開にして無限のサポートを受け取る権利があなたにはあるんです。

そのサポートがどのような形であなたにもたらされるか?それは誰にも分かりません。

だからこそ、あなたはすべてのドアを開ける必要があるんです。

 

期待するのではなく信頼してドアをゆっくり開けてください。

焦る必要はありません。

どんなにあなたが追い詰められようと、どれほどどん底に突き落とされようとあなたは必ず謎の力に助けられるのです。

 

今までなぜだか分からないけど助けられてきたように、これからも説明の付かない現象にあなたは救われるのです。

 

だから安心して、信頼してドアを開けてください。

そして奇跡という名のドアから入ってきたサポートを大切に受け取ってください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。