宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

2018年を振り返って

 

私は明日から年末年始のお休みとなりますので今年最後の更新になります。

皆さん2018年を振り返ってみていかがだったでしょうか?

 

私事ですが今年は本当にいろいろな人に助けられた一年でした。

「おめぇーは年がら年中、人に助けられっぱなしじゃねーか!」と言われそうですが今年は本当に大変多くの方々に窮地を救ってもらった一年でした。

 

私はやらないといけないことが発生しても自分がやりたいこと以外はしたくないので放っておきます。

すると見る見るうちにやらなければならないことが溜まっていきます。

当然ですよね。

もうやばいな、と思ったら普通の人なら嫌々ながらもやり始めるのでしょうがそれでも私はやりません。

 

するとどうなるか?

私は知っています。

私は常日頃からそれを経験していますので知っています。

 

当たり前のことですが大変なことになります(笑)

もう無茶苦茶やん!と白い目で見られるような状況が発生します。

 

そして、本格的に困ります。

 

そこで何とかしようとするとドツボに嵌ってしまうのです。

 

泳げない人をむりやり泳がそうとしたって無理なんですよ。

泳ぐのが嫌いな人に泳ぐ楽しさをいくら説いたところで馬の耳に念仏状態です。

 

嫌いなものは嫌い、したくない事はしないという生活をしてみたことがある人なら分かっていただけるかもしれませんが、あなたが嫌いな事でも他の人からしたらそうでもない事やあなたが大好きな事でも他の人からしたらとんでもなく嫌いな事なんて想像を絶するほどあるんです。

 

何が言いたいのかというと、あなたがやらなければならない事の中でしたくない事があったとしても他の人からすればそれをしたいという事が必ずあるんです。

だから、あなたが苦手な事はそれが得意な人にやってもらえばいいんです。

 

なんか、とんでもないことを言っているように聞こえるかもしれませんが、そうすることによって世の中はうまく回っていくんです。

あなた以外の人が得意な事、好きな事をあなたが嫌々ながらやって奪うようなことをしてはいけません。

 

だから、私は自分がしたくない事、嫌いな事は他の人に任せるんです。

「すみませんが、お願いします。」と。

「いやー、俺ムリやから頼むわー!」と。

「どうぞ、どうぞ、好きなだけやってください。」と。

「もー、〇〇さんにお任せしますっ!」と。

 

どんなに悲惨な状況でも。

どんなに崖っぷちに居ようとも。

必ずあなたを助けてくれる人が現れます。

 

私はそれを身に染みて知っていますので人のつながりを大切にしているのです。

「そんなん他力本願やん!」とお思いでしょうがその通りです。

どうせ、自分一人でできることなんてたかが知れてるんですよ。

 

 

f:id:somosomox:20181220235953j:plain

 

この画像はデザートサファリで夕焼けをバックに私のシルエットが映っている写真です。

 

私が一番しんどい時期、精神的に助けてくれた方がいました。

当時の私は助けてくれたお礼に渡せるものなど何も持ち合わせていませんでしたので、ずっとお礼らしきものができませんでした。

その人のおかげでその後私は息を吹き返し、見事カムバックを果たしたわけですがこの画像をお礼の意味も込めて差し上げました。

その方はiPhoneの待ち受け画面として使ってくれていたようです。

 

その節は助けて頂いて本当にありがとうございました。

この場を借りてお礼を申し上げます。

 

重ねて、本年度こんなどうしようもない私を裏と表と右と左と上と下と四方八方から支え、助けてくれた多くの方々、また私がブログを書く原動力となっている全国の読者の方々。

今年も大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

 

それでは皆さん良いお年を。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。