宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

バシャール 2018

 

 

バシャールの言葉を翻訳した本の中には「ワクワク」というキーワードがたくさん出てきます。

ただ、この「ワクワク」には本物のワクワクと偽物のワクワクがあるようです。

 

そもそも、バシャールの言う「ワクワク」とは英語で「excitement」、バシャールの文脈から訳すとすると「穏やかで心の平和を感じられる状態」という表現になります。

例えばゆっくりお風呂につかったとき「何とも言えない幸福感」を感じることがあるかもしれません。

そのような状態こそが本物のワクワクと言えます。

期待もない、損得勘定もない、足りないものは何もない、人にバカにされようが気にならない、あなた以外に赤の他人が気持ちよさように風呂に入っていても「あいつムカつくなー!蹴落としてやろう!」なんて気にもならないでしょう?

あなたにもそんな心の平穏を取り戻すような瞬間があるはずです。

その時こそが本物のワクワク状態なんだということをよく覚えておいてください。

 

では、偽物のワクワクとはどのような状態のことを指すのでしょう?

バシャールのことは知ってるけど、ワクワクすることをしましょうという言葉は知ってるけど、大変多くの人が勘違いしていらっしゃるようです。

一般的にワクワクと言う言葉を聞くと、

 

テストで100点取れた、

ラソン大会で1位になれた、

営業成績ナンバー1になった、

目標売上を達成できた、

給料が増えた、

高級車を買った、

家を建てた、

テレビに出た、

新聞に載った、

高い社会的地位を得た、

整形して美人になった、

ダイエットして痩せた、

めっちゃモテた、

いろんな人とSEXできた、

五つ星ホテルに泊まった、

豪華な食事をした、

・・・、

 

もうこの辺で大丈夫でしょうか?

「偽のワクワク」を例えばで言い表すと酒飲んで酔っぱらっている状態です。

その時はフワフワして気持ちがいいかもしれません。

このフワフワ状態とはいわゆる「地に足が着いていない」状態のことですね。

そして、酒の酔いは一過性のモノなので必ず酔いが醒める時が来ます。

頭はガンガンし、吐き気もするでしょう。

あなたは酔っぱらっていた時のことをあまりよく覚えていないかもしれません。

でも、バシャールの本には「ワクワクすることをしなさい」と書いています。

だから「ワクワク」の意味を履き違えている人たちはまた酔っ払い状態に自分を持って行こうとしてしまいます。

飲んで飲んで飲みまくり「あー、酔っぱらったー。楽しー!」と言っています。

 

アドレナリンがドバドバ出ている興奮状態のある意味痛い人たちなのですが、このような人たちに何を言っても無駄ですから酔いが醒めるのを静かに見守ることしかできません。

酔っぱらいにどんな正論をぶつけたところでまったく意味がないという経験をあなたもしたことがあると思います。

それと同じですね。

 

本当のワクワク状態のときは結果に執着しません。

何かを手に入れようとしたり、誰かに勝とうとしたりしません。

 

とても心が満たされ、平和な状態だからです。

特別な高揚感やドキドキするような興奮状態でもなく静かに落ち着いています。

そして、損得や周囲の評価などハッキリ言ってどうでもいいと思っています。

 

これはいくら言葉で説明しても分かっていただけないと思うので実際に経験してみるのが手っ取り早いでしょう。

 

あなたも偽のワクワクに惑わされる時間を減らし、真のワクワクに人生の残された時間を使えるようになるといいですね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。