宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

新事務所倉庫完成の巻

 

 

新しい事務所の倉庫がどうしても必要になり工務店に見積もりを出してもらっていたのですが、私が予想していた価格より数百万も高い金額だったため「んー、どうしよっかなー・・・」と考えていたところ、「もう自分たちで作りましょう!」という意見で満場一致となったためここ一か月ほど休む間もなく倉庫の製作をしておりました。。

 

と言っても超が付くほどのド素人集団なんで、

どこから手を付ければいいのか?

何を買えばいいのか?

基礎の打ち方は?

骨の組み方は?

壁の材質は?

屋根の仕舞い方は?

排水勾配の付け方は?

電気配線や分電盤の設置方法は?

ハッキリ言って何も分かりません。

でも、やると決めたからには分からないなりに動き、いつものごとく他力本願でいろんな人に助けを求め、見事とは言えないですがほぼほぼ完成しました。

かかった費用はあまり大きい声では言えませんが業者見積もりの約10分の1でした・・・。

 

いやー、でもメチャクチャしんどかったです(当たり前)。

慣れない力仕事で全身筋肉痛と季節外れの気温上昇で熱中症にもなりながら毎日毎日ヘトヘトになって家に帰り、目が覚めたらまた現場に直行という生活です。

その間にもう一つの会社でのトラブル対応や経理処理をする羽目になり文字通り分刻みのスケジュールで動いていました。

 

久しぶりに感じたこの「本気で動く」という感覚ですが自分の持てる能力を最大限生かすというのはやはり気持ちがいいです。

そして、本気で動いた分だけ本気で返ってきます。

中途半端にダラダラやったり、本当はもっと能力があるのに出し惜しみをしたりしてると結果得るものがほとんどないことに気が付きます。

 

人それぞれ夢があると思います。

その夢を叶えるためには自分自身の能力を最大限発揮するときも必要なのではないかと思うのです。

と言うより、「本気モード」で人が動くと大抵のことは出来ちゃうんじゃないかと思うのですがいかがでしょうか?

 

もちろんこの本気モードは人から強制されるものではありませんので自分が「よしっ!やろう!」と思ったときに初めて発動するのだと思います。

遊び半分でやるのがいけないとは言いませんがそのような気持ちで行動を起こしても中途半端な結果しか得られないということです。

 

エゴが望んでいる夢ではなく本当のあなたが本当に実現させたい夢を100%叶えようと思ったらあなたは本気モードで動き、あなたの持てる能力を100%発揮する必要があるのです。

あなたが50%しか力を出さないのならあなたの夢も50%しか叶いません。

当たり前のことです。

 

どうでしょう?

エゴが望んでいる夢に惑わされている場合ではないことに気付いていますか?

本当にあなたが実現させたい望みが見えてきましたか?

 

本気を出してみようという気になってきましたか?

 

あなたが本気を出せばできないことなんか何もないんですよ。

あなたがやってないだけです。

あなたができないと決めているだけです。

あなたが無理だと信じ込んでいるだけですよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。