宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

連続性をブチ破る

 

 

私たちは本当の意味で正確に理解できていないことでも科学で実証されているから間違いない!と信じ込んでいる事象をいくつも持っています。

過去こうだったからこの先もそうなるというなんの確証もないことを盲目的に信仰しています。

もちろん、それが悪いわけではありませんし、それを今すぐやめろとは言いません。

だけど、それを別の視点から見るとまったく違って見えることが世の中にはたくさんありますよ、というお話です。

 

以下に綴った文章はあまりにも有名なので目にしたことがあるかもしれません。

 

あるニワトリ小屋で、飼育員が毎日、エサを決まった時間に同じ量だけを与えていた。

飼育員は、非常に几帳面な性格だったらしく何年間も正確に同じことをしていた。

 

さて、小屋の中のニワトリたちは、

なぜ、毎日同じ時間に同じ量のエサが放り込まれるのか?

その原理や仕組みをまったく想像しようもなかった。

が、とにかく、毎日、決まった時間に同じことが起きるのだ。

いつしか、ニワトリたちは、それが「確実に起きること」だと認識し、物理法則として理論化しはじめた。

 

そして、その確実な理論から、関連する法則を次々と導き出していき、重さや時間の単位も、エサの分配についての経済や政治の理論もすべて、毎日放り込まれるエサを基準にして行われた。

それは妥当なモノの考え方だ。

だって、それは「確実に起きること」「絶対的な物理法則」なのだから。

 

しかし、ある日、ヒネクレモノのニワトリがこう言った。

「でも、そんなの明日も同じことが起きるとは限らないんじゃないの?」

そんなことを言うニワトリは、他のニワトリたちから袋叩きにあう。

 

「ばぁーか、なに言ってんだよ。いいか?この現象はな、この世界ができてから、ずーっと続いているんだよ。何十代も前のじいさんが書いた歴史書を読んでみろよ。それからな、この現象をもとにして書かれた理論、学術論文をちゃんと読んでみろよ。みんな、矛盾なく成り立っているだろ?それに、実験による確認だって、きちんとされているんだよ!それを何の根拠もなく疑うなんてな。そういう無知から、擬似科学やオカルトが始まるんだ。おまえは、もっと勉強した方がいいぞ」

 

引用終わり。

※引用文について詳しく知りたい方は「哲学的な何か、あと科学とか」をご参照ください。

 

飼育員に休みは無かったのか?とか毎日同じ量と言っても内容物やグラム単位で言うと少しは変化があったのではないか?などと屁理屈を言う人はとっととお家へ帰ってください(笑)

 

私たちはこのニワトリたちと同じことをしでかしているのかもしれません。

 

多くの人は何の疑問も持たず、世の中で常識と謳われている法則を確実なもの、揺るぎないものとして絶大な信頼を置き、絶対的な真実として各々生活のなかに取り入れて人生を送っています。

「それ」を疑う余地なく、連続して発生するものだと思い込んでいます。

 

その連続性をブチ破ることなく。

 

〇〇が起きたから△△になるのではありません。

〇〇が起きなくても、例えば◇◇が起きたとしても△△になるかもしれないんです。

 

もちろん、今までお持ちの観念を引き続き生活に活かし、人生を送るのもいいでしょう。

また、エゴにまみれ欲望のままに生きる人がいてもいいと思います。

世の中にはいろんな信念を持っている人がいますから何が正解で何が間違いなのかなんて誰にも分かりません。

まして、私がここに書いていることが絶対的な真実なわけありませんので、あなたはあなたが信じるものをあなたなりにあなたの人生に適用して頂ければそれで良いと思います。

 

ただ、私が言えるのは今まで疑問視すらしていなかった「それ」を疑ってかかった瞬間があなたの世界を変えるスタートラインなのではないかと思うのです。

最初は慣れていないので3歩進んで2歩下がる状態かもしれません。

「だいぶ進んだなー」と一息ついたところで目の前にスタートラインが見えて絶望するかもしれません。

道が全然整備されていなくて、ジャングルの中をかき分けかき分け進むイメージかもしれません。

濁流にのまれ、もともと居たところに引き戻されるかもしれません。

靴の底には穴が開き、着ているものはボロボロになり、頬はコケ、髪はボサボサ、何日も何日も食糧にありつけないような日々が続くかもしれません。

「限界だ…。もう無理やな…。」とつぶやきたい時もあるでしょう。

 

その道はあなたが今まで歩んだことのない道ですからそのくらいは想定内です。

そんな状態になっても

全然大丈夫です。

その状況は単純にあなたが自ら造り出した幻想だからです。

 

あなたがピンチになれば必ず助けが来ます。

だから安心して道なき道を歩んでください。

 

気が付けば周りにたくさんの仲間が出来ていることでしょう。

あなたの味方は世界中にいます。

もちろん私もあなたの味方です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。