宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

バランスを取らない?

 

「こうしたい」と「こうでなければならない」のバランスを取るのに必死な時期は自分が本当にしたいことに対してエネルギーを注ぐことが困難です。

私たちはバランスを取ることが大事と教えられてきましたので極端な方向に行ってしまうことに恐怖を覚えます。

自分がしたい生き方へ突っ走ってしまうと世間一般で言われている「こうでなければならない」からかけ離れてしまうからです。

 

実を言うとバランスを取る必要などありません。

例えば仕事とプライベートのバランスを取るという言葉がありますが非常に皮肉なことにバランスを取ろうとすればするほどあなたはブレブレで今にも谷底へ落っこちてしまいそうな経験をすることになるでしょう。

これは何を意味しているのかというと本当のあなたが「そっちじゃないよこっちだよ」と言ってくれているのに「こうでなければならない!」状態のあなたは必死でそれに抵抗し薄氷を踏むような精神状態で生活をしていくことになるからです。

でも、まだその状態は序の口です。

この段階で「人生とはこんなものだ」とある意味悟った人々はその通りの生き方をするわけですがそこを通り過ぎたあと次の経験をする人もいます。

 

我欲にまみれた生活です。

ハッキリ言いますがこの状態になると周囲の人は手が付けられません。

いわゆるエゴの塊人間の出来上がりです。

我欲にまみれ、自己顕示欲にまみれ、承認欲求にまみれた生き方です。

この人たちはその先に幸せがあると信じています。

永遠に来るはずのないその先を求めてあらゆるものを欲しがります。

本人からすれば奪っているという意識はないのでしょうが周りの人たちから膨大な量のエネルギーを奪い取っていくのです。

もちろん目に見える形で奪う時もあるでしょう。

ただ、多くの場合は目に見えない非物質的なものを千と千尋の神隠しに出てくるかおなしのごとく奪い取っていくのです。

※私の個人的な意見ですがこういう人たちとはなるべくお付き合いはしないことをおススメします。

 

このような人たちは一人残らずとても怖がりです。

いつもいつも失う恐怖と戦っています。

そりゃあ勝ち目0%の戦いですから恐ろしくてたまりません。

ただただ、自分の欲を満たす。

ここに命を懸けてあらゆるものと戦います。

目の前の相手を懲らしめ、打ち負かし、絶滅させることしか考えていません。

その時は戦っていると思っていなくてもふたを開けてみればお互いが傷つき、敗れ、憎しみの状態になっていることが分かります。

 

スピリチュアル用語で説明すると負のエネルギーに満ちた生き方です。

マイナスの領域に自分で自分を追い込み極限状態で暮らしていくのはとても生き辛いことでしょう。

これはネガティブ方向にバランスが振り切れた例です。

 

 

では、正のエネルギーに針が振り切れた状態とはどんな生き方なのでしょう?

今思えば私はこの答えをいつも求めていたように思います。

 

私はイエス・キリストでもない、

 

ブッダでもない、

 

マザー・テレサでもない、

 

マハトマ・ガンジーでもない、

 

羽生結弦でもない(笑)から意味が分からなかったんです。

 

この正のエネルギーにバランスが振り切れた状態とは経験してみないと分からなかったんです。

そしてここで朗報です。

私たちは誰でもその状態を経験したことがあります。

ただ、その状態を続けるのが怖いだけなんです。

 

もうここで勘の鋭い人は気づいちゃったかもしれませんがその状態とは負のエネルギーに満ちた状態とは逆の状態のことですね。

要するに周りから何でもかんでも奪い去るのではなく「惜しみなく与える」ということです。

 

どうでしょう?

でも、そんなん怖くてできませんよね?

「惜しみなく与えるって言われても俺は与えるほど持ってねーよ!」

と言いたくなりますよね?

「寝言は寝て言え!与えるどころか俺はもっと欲しいんだよ!」

でしょうか?

その思考回路がまさに先ほど説明した負のエネルギーに満ちた生き方なんです。

 

私たちは誰かに何かを与えることができたときこの上ない幸せを感じることができます。

むしろ、与えることでしか私たちは幸せを感じることができないのではないかと思います。

 

ただ、あなたが持っている「与える」のイメージと私が言っている「与える」の意味は少し違うかもしれません。

 

与えっぱなしでいいんです。

ギブ&テイクじゃなくていいんです。

 

例えば飲み屋のねーちゃんは客に金品を求め、客は体の関係を求めます。

与えたものが戻ってくるかも♡なんていちいち見返りを求めて与えるから話がややこしくなるだけです。

 

別に大それたことをしろなんて言ってません。

 

右折待ちの車両をゆずってあげるだけでも、

 

人知れず道ばたのゴミを拾うだけでも、

 

悩んでいる人の話を聞いてあげるだけでも、

 

くつを揃えるだけでも、

 

人を笑わせるだけでも、

 

ありがとうと言うだけでもいいんです。

 

それすらできないとは言わせませんよ(笑)

そのくらいできるでしょう?

そして、そのくらいのレベルを上げていくんです。

与えるのが当たり前という生き方です。

自然と嫌味なくサラッとあなたのエネルギーを与えてみてください。

あなたの知識でもいい、時間でもいい、お金でもいい、人脈でもいい、何でも構いません。

 

あなたがこの世に生きたことで世界が少しでも良くなればそれでいいじゃないですか?

あなたの世界です。

地獄にするのもパラダイスにするのもあなた次第なんですよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。