宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

成功者の共通点

 

もちろん例外はあるでしょう。

また、「成功」の定義も人によって様々だと思います。

ここでは成功=幸せとします。

 

それでは、私が今まで見てきた成功者の共通点を記事にしたいと思います。

まず、いつも私が言っていることなのでまたかよ!と思われるかもしれませんが努力して苦労して我慢して汗水たらして成功したという人はいません。

なぜわざわざもう一度ここでいつものセリフを書いているかというと案外勘違いしている人が多いことに気が付いたからです。

私が言っているのは「私利私欲」のために努力や苦労を一生懸命した人というのは誰も成功していないということなのです。

 

どうですか?

あなたにも思い当たる節があるのではないでしょうか?

 

俺は頑張っている!という時に「私利私欲」を満たすために頑張っているのでしたら、まったくもって見当違いの行動をしていることに気付いてください。

「他利他欲」のために行動することによってあなたは初めて成功という階段を上り始めることができるんです。

そんなこと言って騙されたらどうするんだよ!詐欺に合うかも知れねぇーじゃねーか!とあなたは怖がるかもしれません。

でもね、よく考えてみたら結局のところ「私利私欲」を原動力として何かをしようとするからあなたは騙されたり金をむしり取られたりするんですよ。

このハイパー消費社会を生きているんですからそのぐらいのことにはいい加減気付いてください。

大きい視点で見てみると単純に国に騙されているんです。

たくさん働いていい給料をもらって人より多く税金を払って残ったお金で欲しいものを買いまた税金を納めているんです。

2重取りどころか5重、6重にも渡ってあなたは日本政府に納付しているんです。

そして、お金がないから欲しいものが買えない、住みたい家に住めない、乗りたい車に乗れないと嘆いているんです。

国家はあなたが無限ループにはまっていることに気が付く隙を与えてくれるほど甘くありません。

あなたが私利私欲にまみれ、もっともっとという思想を何の疑いもなく受け入れる精神構造を作ることに国家プロジェクトとしてやっているのですから、今までこの罠から抜け出すことは至難の業と思われていました。

 

そもそもあなたは頑張る必要なんかないんですよ。

他力本願で他利他欲を満たすことに集中すればすべてがうまくいくという超基本的な考え方を私たちは学校で教わることはありません。

まして、社会に出ると学校での競争とは比較にならないほど熾烈な勝ち抜き戦が繰り広げられているではありませんか。

 

こうなると負けてはいられないですよね?

絶対に勝ちたいですよね?

 

いったい何に?誰に?勝とうとしているのでしょう?(笑)

 

あのですね、あなたは他者の利益や他人の欲を満たすことを優先させることによってでしか幸せになれないのです。

なぜなら、成功の原点にあるものは他人の喜ぶ顔が見たいというところにしかないからです。

それって言葉を変えると何というかわかりますか?

 

「愛」です。

 

けっ!これだけ引っ張ってきれーごと言ってんじゃねぇーよ!と思うかもしれません。

実際過去の私はそうでした(笑)

そんなもんクソくらえ!と思ってました。

愛で飯が食えたら誰も苦労しねーよ!と思ってました。

そんなことより自分がどれだけ得するかが重要なんだよ!と思っていました。

他人のこたぁどーでもいいんだよ!と思っていました。

他の奴が野垂れ死のうが俺の知ったことじゃねーんだよ!と思っていました。

 

いいですか?

あなたの周りにいる人たちがもし幸せでないとしたらあなたは絶対に幸せにはなれません。

そこに愛がないからです。

成功者の人たちは一人残らず他者の利益を優先し他人の欲を満たしてあげるということに全力を尽くした人たちなのです。

私利私欲など2の次3の次です。

それこそ私利私欲などどうでもいいんです。

そんなものに意識がいってないんです。

 

大きい話をすれば世界レベルで世界中の人たちの利益を考えて行動している人もいるでしょう。

そんな大それたことをしろとは言いません。

今目の前にいる人の幸せをあなたは願っていますか?

今あなたの周りにいる人たちに幸せになってほしいと思って行動していますか?

 

もちろん愛を持って。

言い古された言葉ですが原点はやはり愛なのです。