宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

ショットバーをオープンしました(笑)

 

とある方から「今のバーを手放そうと思っているんですけど誰か箱ごと欲しい人いませんかね?」と相談を受けたので「うちがやりましょう!」ということでショットバーをやることになりました(なんじゃそりゃ)

 

今一緒に会社を運営している人の一人がダーツバーの店長経験があるとのことで彼が当面はバーテンとして立つことに。

店を譲り受けてから1か月もしないうちにオープンをするというロケットスタートを切ったため開店準備とオープニングイベントで気絶しそうな忙しさでした。。。

私はいわゆるスナックやキャバクラは苦手なんですがバーは大好きです。

例えば海外に行った時におしゃれなバーでお酒を飲んでいる時などまるで映画のワンシーンのような感覚に浸れます(笑)

 

私もカウンターの中に入り手伝いをしつつカウンターのお客さんの話し相手をしてみました。

「やばい、面白い・・・。」

この空間に漂うなんとも言えない空気感。

バーという非日常が演出する独特の雰囲気に包まれながらお酒を飲むというある種贅沢な行為。

 

それを提供する立場にあること。

それを運営する立場にあること。

これはなかなか経験できないことではないのか?と感じた私はあたかも自分が贅沢な人間の仲間入りしたような感覚に陥りました。

 

そりゃあ、いいことばかりではないでしょう。

酒が入ったお客さんを相手にするのですからいろんなトラブルも発生するでしょう。

運営にあたりさまざまなややこしい問題も発生するでしょう。

 

でも、何が起ころうと大丈夫なんです(笑)

またそれかよ!と思われるかもしれませんが私はこれしか言えません。。。

なんで大丈夫って言えるの?と聞かれても今まで大丈夫だったんだからこれからも大丈夫でしょ!としか言えません。。。

 

そんなに肩肘張って生きなくても、そんなに自分を大きく見せなくても、そんなに卑屈にならなくても、そんなに自己嫌悪に陥らなくてもいいんですよ。

 

宇宙は決してあなたをないがしろになんかしません。

あなたが自分を大切にすればするほど本当のあなたはあなたの味方をしてくれます。

あなたが自分自身を生きようとすればするほど本当のあなたはあなたがその生き方ができるようにすべてを準備してくれるんです。

 

あなたはエネルギーの使い道を決めるだけです。

外側に現れたものをコントロールしようとしないでください。

あなたの世界に現れたものすべてをあなたのハートで包み、受け入れ、温めてあげてください。

コントロールではなくリスペクトです。

そうすればそこから必ず得るものがありますよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。