宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

ノーリスク超リターン

 

私はビジネスをする上で「ノーリスク超リターン」を貫いております。

これは金銭的リスクを最小限に抑えた上で超絶な利益を得るという魔法のようなビジネススタイルです。

金銭的リスクを負うことはないのですがその他のリスクは私が引き受けます。

 

その他のリスクとは時間的リスク、人的リスクなどがあります。

金銭的リスク以外で一番大きなリスクと言えばみなさんよくご存知の精神的リスクです。

「〜になるかもしれない」という恐怖に対する精神的リスクです。

 

例えばで説明するのがとても難しいので意味不明な例えになるのですが、例えばAさんが◯◯という物を買いたいとします。

ただ、◯◯を買うためには車で買いに行かなければいけないため事故をするかもしれないとか、◯◯を買いに行く時に知り合いに会うかもしれないからイヤだとか「〜になるかもしれない」という不安を持っているAさんに「分かりました。それでは私が買いに行きましょう。その代わりお金はすべて出してくださいね、そしてそこで発生した利益は私のものになりますがよろしいですか?」という契約を交わします。

この例えは「商品の購入」ですが、「会社の設立」や「資金調達」などにも話を発展させることができます。

いわゆる「代行屋」をイメージされる方もいらっしゃるかもしれません。

まあ上手く説明できませんのでお好きなように解釈してください。

 

私が言いたいのは私の意識の中に「〜になるかもしれない」という不安がないため周りがいくら反対しようがクライアントがいくらビクビク震えていようが「いや〜、大丈夫でしょ!」という感じで仕事を引き受け、結局不安に思っていたことは起こらなかったという感じで完了します。

そんなもん仕事にならんわ!とかそんな依頼が来るわけないやん!と思われるかもしれませんが世界にはいろんな人がいるんです。

まさかこんなことが仕事やお金にならんやろーと思い込んでいるだけかもしれませんよ。

 

あなたが知らないだけです。

 

ただ、私が直感で「これって本当に本当にヤバいやつや…」と感じた案件についてはお引き受けできませんのであしからず(笑)

 

 

また、意識が現実化する過程において、ネガティブな観念に対する信頼とポジティブな観念に対する信頼のパーセンテージでどちらが現実化するかが決まると言われていますがこれは事実です。

 

おそらく多くの人は人間の首を落とせば人は死ぬと100%信じていますから首を落とされた人は100%死に至ります。

ただ、このパーセンテージは変化させることが可能です。

先の例で言うとイタリアの医師カナヴェロ博士が指揮を取り2017年に手術時間36時間、費用1,000万ドル(12億円)、医師、看護師150名で人類初の頭部移植手術が行われます。

首を落とされても人間は死なない可能性があるんです。

首を落とされても人が死ぬ確率は100%ではありません。

無理矢理とかこじつけのように聞こえるかもしれませんがこれは事実です。

 

よく思い返してください。

あなたが今持っている思い込みはどこから来て、なぜその思い込みを100%信じているのかを。

その思い込みは本当に正しいのかを。

本当は100%ではないのではないのか?実は逆じゃないのか?・・・。

 

もちろん、どちらを信じても間違いではありません。

どちらを信じようがあなたの自由です。

どちらが好きかであなたが決めればいんです。