宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

さまよえる魂

 

私は多くの寄り道をしてきました。

人生で一番大きな寄り道である「失われた10年」がはるか昔のことのように思い出されます。

 

失われた10年については過去記事

闇を生きる - 宇宙一の適当男

をご参照ください。。。

 

本当の自分と和解できてない私はあらゆるところを彷徨っていました。

魂がさまよっていました。

迷走状態です。

もしかしたらあなたもお金の恐怖を克服するために嫌々ながら面白くない仕事をしたり、寂しさを紛らわすために好きでもない人とセックスをしたりという経験があるかもしれません。

 

本当のあなたはすべてを知っていますのでこのような行為をした後あなたにとびっきりの感情を味あわさせてくれます。

虚しいという感情です。

悲しくも嬉しくもないただただ虚しいという感情です。

怒りも発生せず笑いも起こりません。

虚無感です。

 

実はこの虚しいという感情は何を意味しているのかというと、

「感情が発生しない=感情が存在しない」

という方程式が出来上がっています。

 

では、この方程式を紐解いて説明してみましょう。

そもそも、この世界に存在するものはすべて存在する価値があるから存在しています。

今、あなたの目の前2cmのところにラグビーボールが存在していないのはそこにラグビーボールが存在する価値がないからです。

目に見える物質で説明するとこのように非常に分かりやすいのですが(この説明で意味が分からない方すみません(^^;;)、非物質の説明をすると途端にちんぷんかんぷんになってしまう方が多いです・・・。

 

虚しいという感情が発生するときはかなりの確率で「その経験はあなたの人生において存在する価値がないほど不要なものなんですよ」とか「もうそのレベルの経験は終わりにしたらどうでしょうか?あなたはもう次のステージに行く準備が整っているんですよ」ということをお知らせしてくれています。

 

当たり前ですが虚しいと感じる行為をするなとは言いません。

私があなたの人生にいちいち口出しする権利など1ミクロンもありませんからね。

あなたが何を経験しようとあなたの自由です。

あなたの選択は本当のあなたにすべて尊重され受け入れられます。

 

そして完璧な形で現実世界へと反映されるのです。

 

あとはあなたがどのタイミングで気づくか?の話です。

もちろん、そのタイミングも完璧です。

すべてはそのままで完璧です。

焦る必要などありません。

 

最後にヒントをひとつ!

ちょっと怖いかもしれませんが、自分の感情に流されて行動を起こせば気づくのが早くなりますよ。

気づいた後どのような選択をし、どのような人生を送るかはあなた次第です。