宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

お仕事のお話し

 

私はいくつか(いくつも)仕事をしているんですがその中に探偵のお仕事があります。

あまり聞いた事がないかもしれません。

皆さんはドラマの中や映画の中でのイメージを持っているかもしれませんが実際に仕事としてやってみるとどんな感じかをお伝えしたいと思います。

 

まず始めに、ぜーっんぜん儲かりません(笑)

依頼者との打ち合わせから始まり、現地調査、対象の確認、人員や車の手配、リスクヘッジなど目に見えない経費がとてもかかります。

私の会社は成功報酬制をとっていませんので比較的安価な設定なのですが、成功報酬制での金額を設定されているところで一般の方が見積もりを取ると、

「はぁ!?バカにすんじゃねぇよ!!」

という風に一見法外な値段設定に思えるかもしれません。

実は妥当な金額です・・・。

 

私たち探偵はいくら許可制になったとはいえ刑事さんとは違い捜査に関する権限なんてものはありません。

周囲の人に通報され、対象(ターゲット)にばれたらジエンドです。

基本的には「張り込みからの追跡」を繰り返すのですが緊張感がハンパないです(汗)

何度も何度も車を変え、人を変え、侵入経路を変え、張り込み場所を変え、追跡ルートを変えます。

その間、分刻みで現場記録を残し、写真を撮り、動画を撮影し、証拠を残します。

食事をとる暇もなければトイレに行く時間もありません。

 

なんと過酷な職業なんでしょう!と思うかもしれませんが世の中にはいろんなものが得意な人とそうでない人がいますので探偵業が得意な人ももちろんいます。

ただ、死と隣り合わせとまでは言いませんが危険とは常に隣り合わせです。

ギリギリです。

崖っぷちです。

 

でも大丈夫。

なぜだかわからないけど大丈夫です。

保証も保険も何もない世界ですが大丈夫です。

ぜんぜん儲からなくても大丈夫(本当は儲けが多い方が嬉しいですが笑)です。

 

オチも何もない記事ですみません(^^;;

 

今回は私がやっているいろんな仕事の中の一つをご紹介しました。

また気が向いたら違う仕事の紹介をしたいと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。