宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

さあ今日も飛ばしていきましょう!

 

いきなりテンションが高いですが、休みがほとんど無いのと寝不足が重なりナチュラルハイテンション状態の私です・・・。

つい先日、「遊びが仕事で仕事が遊び!」なんてカッチョイイことを言っておきながら皆さんの世界で言われる「仕事」に銭形警部のごとく追われている今日この頃でございます(笑)

 

少し自分を癒す意味も込めて「癒し」について書いてみます。

まず、私たちが「疲れた」と感じるときはその背景に「ネガティブな感情」が居座っています。

このネガティブな感情のメカニズムを説明すると「真実ではないことを真実だと思い込んでしまうことに対する副作用」なんですね。

ん?

少し分かりにくいかも。。

 

例えばで言うとあなたの目の前に立っている人を見て「あ、この人に嫌われているかもしれない。イヤだな。」と思い込んでいるかもしれませんが、本当はその人はあなたのことなんかなーーーーーんとも思っちゃいないかもしれませんよね?

あなたが勝手に真実ではないことを真実と思い込んでいるだけです。

そして、その副作用としてあなたはネガティブな感情を得るのです。

 

もう一つ例えば。

あなたは「お金が無くなると生きていけなくなる、怖いな、どうしよう」と思い込んでいるかもしれませんが、あなたにお金が無くなることなんて今までもこれからもありません。

あなたに必要なお金は必ず必要なタイミングで準備されるんですから、なにをすっとぼけたことを抜かしてらっしゃるんでしょう?

あなたが勝手に真実ではないことを真実と思い込んでいるだけです。

そして、その副作用としてあなたはネガティブな感情を得るのです。

 

ここはさすがに意味不明かもしれませんが、あなたが持っているあらゆる感情をもとに本当のあなたは物質的現実世界を超スピードで造り出します。

そして、あなたはその現実を見て「あー、疲れた・・・」となるんですね。

 

とりあえず駆け足でここまで説明しましたがOKでしょうか?

 

では、この感情を「癒す」には?へと入って行きましょう。

これらネガティブな感情というのは決して悪いものでもダメなことでもありません。

言ってみれば、ある出来事に対する反応としてそれらの感情を持つ「クセ」をあなたが持っているだけです。

あなたがあなたを癒すためにはその「クセ」に気付くだけで大丈夫です。

 

以前と同じような反応をしていることに気付き、「やってもーたー!あー、またこんなこと考えてるわ!しょーーーーーーーもなっ!」という反応に変えてやりましょう(笑)

腐ったゴミカスのような思考はゴミ箱に捨ててください。

いらないものは捨てるのが一番です。

その度に自分の「クセ」に気付いてください。

 

捨ててしまったらあとは新しいクセを付けていくだけです。

 

新しいクセとは?

もちろん、あなたが好きなものということですよ。

捨てたものと同じようなものをまた持ってくるのもあなたの自由。

もちろん、ぜんぜん違うものを持ってくるのもあなたの自由です。

 

どちらにせよあなたを傷つけるのはあなたであり、あなたを癒すのはあなたです。

他の誰でもないんですよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。