宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

私が書いている文章なんか理解する必要など1mmもないんですよ。

 

私たちが存在しているこの3次元世界ではいわゆるスピリチュアル的な知識を理解しようとしてもそれは不可能です。

いくら本を読んでも、いくら人から話を聞いても残念ながら頭で理解することはできないようになっています。

 

しかし、これは決して無駄なことではなく扉を開けるところまではいけます。

 

例えるなら、あなたは素っ裸で風呂の扉を開けボーっとつっ立ている状態です。

早く風呂に入ればいいんですが、

「風呂の床で滑って頭を打つかもしれない」

「風呂の湯がメチャメチャ熱いかもしれない」

「もしかしたら風呂でおぼれるかもしれない」

「シャンプーしてる時に後ろに幽霊がいるかもしれない」

そもそも、風呂の入り方がわからない」

などなど、トンチンカンなことをいつまでもぐるぐるぐるぐる考えてなかなか風呂に入ろうとしません。

もちろんこれは例えばですから、実際は何の躊躇もなく当たり前のように風呂に入り湯船につかり至福のひと時を過ごすでしょう。

 

バカみたいなことをいちいち説明しますが、

風呂は安全で気持ちいいものだと知っているからです。

 

要するに私が書いている文章なんか理解する必要など1mmもないんですよ。

理解できないって百も承知で書いていますから。

なんせ書いている私が理解できてないんですから(笑)

 

あなたはただ知るだけでいいんです。

 

もう扉は開きました。

フルオープン状態です。

 

扉の向こうに何があるか?を

見てください。

感じてください。

体験してください。

そして、知ってください。

 

そこに広がる世界は文字通りあなたが造り出したあなただけの世界です。

とても安全で心地いい世界を造るのもあなたの自由。

とても危険でオドロオドロしい世界を造るのもあなたの自由です。

 

他の人はどうあがいてもあなたの世界に干渉することはできません。

あなたの世界ではあなたしか創造のエネルギーを持っていないからです。

他の人がどんなに金持ちでどんなに有名でどんなにイケメンでも、あなたの世界に入り込みあなたの世界に干渉しあなたの世界を造り出すことは、素粒子ひとかけらでさえもできないのです。

 

にもかかわらず、あなたは自分のエネルギーを過小評価し、あろうことか他人にパワーを預けてしまったんだからさあ大変。

他人に振り回され、右往左往しながら生きていくことになるんです。

他人(外側の世界)があなたを幸せにすることなんて不可能です。

そんなエネルギーをあなた以外の人は持っていなんですよ。

あなたがあなたを幸せにするんです。

それ以外に道はありません。

 

もちろん、その「他人」とやらを造り出したのもあなたなんですが、それを経験として「知る」ところまで私たちは来てしまったのかもしれませんね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。