読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

仕事のお話

 

私はいくつか会社を経営していますので、初めて出会った人たちに「お仕事は何をされているんですか?」と聞かれた時、その人に応じて会社の業務内容を答えるようにしています。

 

具体的な業務内容や会社の話はいくらでもできるんですが、いわゆる「私の仕事」を説明することはまずありません。

説明したところで分かってもらえないでしょうし、おそらく「え!?オタクさんバカですよね?」と思われるのが関の山だからです。

 

私は「私の仕事」とは「自分自身が楽しむこと」と思っています。

そりゃあ、日常的な実務など細々したことを一切しないのか?と言われればそんなことはないんですが、私が一番重要視している仕事は自分自身が楽しむことです。

もちろん、仕事の日だろうが休みの日だろうが関係ありません。

その日一日を楽しめたら「あー、今日は良く仕事したー!」で、その日一日楽しくないことが多かったら「今日はあんまり仕事してねーなー。。。」という感覚です。

だんだんと今日が仕事の日なのか休みの日なのかわからくなってきます。。

 

そんなバカげたことを言ってるけど本当は仕事してるんでしょ?

と思われるかもしれませんが、私と出会った人たちはまず「この人は何の仕事をしてるんだろう?」という感想を持ち、仕事内容を伝えると「この人は一体いつ仕事をしているんだろう?」というふうに感じるらしいです。

 

そんな私は大地主なわけでもなく、株やFXで生計を立てているわけでもありません。

また、会社を経営していると言っても、地方の零細企業ですし2代目や3代目でもありませんので不安定感は抜群です。

ちなみに「あんた社長って言ったってサラリーマンに毛が生えたようなもんでしょ?ww」と正面切って私にぶちまけた方がいらっしゃいましたがズバリその通りです(笑)

 

会社を立ち上げてからお金の工面も従業員同士のイザコザも対法人同士のゴタゴタも人並みに(人並みがどの程度か分かりませんが)経験し、「あーもうめんどくせー!」と思ってたころ「もういいや、まずは自分が楽しもう。自分自身が嫌々仕事したってみんな楽しくねーだろ。」という観念に切り替えました。

 

それが功を奏したのかは分かりませんが、どうにかこうにか私は今生きています(笑)

そして、何がどうなって会社が存続しているのか自分でも良く分かってないんですが、なんとか4期目を迎えることができました。

 

みなさんの仕事はなんでしょうか?

仕事を楽しめているでしょうか?

イヤイヤ仕事をしていないでしょうか?

仕事がストレスになっていないでしょうか?

仕事ってそんなもんだよ、と決めつけていないでしょうか?

 

何を選ぼうが、どんな生き方をしようがあなたの自由なのは間違いないんですが、せっかくこの地球に生まれてきたんだからもう少しだけ楽しんでもバチは当たりませんよ。

 

一歩とは言いません。

半歩でもいい。

10㎝でもいい。

1㎜でもいいんで新しい世界に踏み込んでみてください。

ほんの少しずつでいいから、怖がらずに安心して踏み出してください。

 

素晴らしい世界がそこには待っていますよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。