読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

時間を造り出す

 

時間について私たちはみな平等に一日24時間与えられていると教育されてきました。

これは本当に本当に本当でしょうか?(笑)

 

この強烈な刷り込みを少しだけ溶かしてしまう具体的な例を説明しましょう。

例えば同じ年齢の人でも実年齢と見た目がぜんぜん違う人という方を見たことあると思います。

この秘密は身体にお金をかけているからとかそんなしょうもない理由なんかではなく、細胞が時間の経過をどう認識しているか?だけの話しです。

時間を忘れるぐらい楽しいことをしている時「えっ!もうこんな時間っ!?」という感覚になることがあると思います。

これは気のせいではなく、本当に細胞は時間の経過を感じていません。

これが若さの秘密です。

この生き方をしている人は同年代の方よりも若いです。

細胞が若いということなんですね。

 

もう一歩踏み込んでいきましょう。

それでは時間を造り出すことはできるんでしょうか?

結論から言えばできます。

 

ここからの説明は理解不能領域に入るかもしれませんのでゆっくり読んでください。

それでは説明を開始します。

そもそも、時間を削り取り、時間を失っているのはあなたです。

時間が無い!と言いながらアタフタしているのは誰のせいでもなくあなたのせいです。

なぜこんなことになっているのかというと、起こってくる出来事を否定してしまうことからすべてはスタートしています。

「くっそっ!何でこんなことになってんだよっ!間に合わねーじゃねーかっっっっ!!」

とその出来事を否定し、受け入れることができていないからです。

そのイベントは起こるべくして起こっているんだということを信頼できていません。

ではどうするか?

完璧なタイミングで物事は進んでいるんだということを知るのです。

一瞬遅くもなく、一瞬早くもありません。

ちょうどいいとかそんな甘っちょろいもんでもなく完璧なのです。

起こるべきことは起こるべくして起こるタイミングで発生しているということを細胞レベルで理解した時、今までの「時間」という概念があなたの中から消え去りすべては「今」だったんだと気付きます。

過去や未来と呼ばれているものも実はぜーーんぶ「今」起こっていたのです。

これは「今とはいつからいつまでのことを指すのか?」という質問に誰一人答えられないということで説明が付きます。

 

あなたの人生はすべて「今」であり、その「今」を造っているのは紛れもなくあなたなのです。

本当のことを言えば時間というものはありません。

ハイヤーセルフは時間という概念をわざわざ造り出し、あなたに時間の経過を経験するということを楽しんでもらっているだけなんです。

 

あなたは不完全なように見えて完全です。

その不完全さを、

その不自由さを、

その足りなさを、

その未熟さを、

楽しんでいるだけなんです。

その過程が楽しくてしょうがないから、あえてこの制限のキツイ地球を選んで生まれてきたのです。

 

だからこそあなたは完璧なんですよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。