読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

現実を創造しているのが自分というのなら、なぜ私が年末ジャンボ宝くじ10億円が当たらなかったのか理論的に説明しなさい。byある読者様

 

お答えしましょう!(笑)
確かにこの痛いほどリアルな現実世界を造り上げているのはあなたなのですが、あなたのどの部分がこの現実を造り出しているのかをまず説明しなくてはなりません。
一言で説明すると「本当のあなた」ということで終了です。
ただ、さっぱり意味が分からないと思いますので嚙み砕いてお話します。

 

まず、「思いは現実になる」とか「思考は現実化する」などという言葉が世に溢れ、あたかも強く願えばそれは実現するんだという理解をしている人が大勢いることに驚愕してしまいます。
この情報を鵜呑みにして「よしっ!今年の宝くじはぜぇぇぇぇぇぇぇっっっっっったいに当ててやるぜぇー!!」と思い3万円という大金をはたいて100枚買ったはいいが、当たったのは300円のみというもっと他に使い道があるでしょ?という結果に終わった人もいるかもしれません。
ここであなたは思います。
「思考は現実化するなんて嘘っぱちじゃねーか!!」
そうです。
ウソです(笑)
思考や思いが現実化するわけありません。

 

現実化するのはあなたの観念です。
観念とは小学生言葉でいうと「思い込み」のことですね。
先の例でいうと、「宝くじを当ててやるぜ!」と口では言いながら、「宝くじなんて当たるわけない」という強烈な思い込みが多くの人たちに刷り込まれています。
この観念の領域は非常に強力なパワーを秘めていますのでいとも簡単にその観念を現実化させることができます。
いわゆる観念の領域が「本当のあなた」ということです。

 

言うまでもありませんがこれは宝くじの例だけでなく、すべての事象に当てはまります。

 

観念を変化させれば良いだけの話しですが、観念を変化させるのは難しいと思い込んでいる人は観念を変化させることはできません。見事なまでの無限ループの出来上がりです(笑)

 

私はいつも「何があろうと大丈夫」と書いていますが何度も何度も言葉や文章にすることによりその観念を自分自身に刷り込んでいるんです。
そして結果「なぜだか分からないけど大丈夫」になってしまうんです。

 

あなたが好きな観念を自分に植えつければいいんです。
どうせあなたが今持っている観念はあなたが自分で勝手に刷り込んだだけです。
後生大事に古い観念を持ったまま生きるのも止めはしませんが、新しい観念を生きるのも楽しいかもしれませんよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。