宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

信念の罠

 

イソップ童話で有名な「アリとキリギリス」の話を聞いたことがあると思います。
この童話の教訓は他人が遊んでいる時に一生懸命仕事をしとけば後で楽ができますよ、遊んでばかりいると後で痛い目にあいますよということ、、、になっています。
この童話の裏話もたくさん出ていますよね。
冬になって優しいアリがキリギリスに食糧を分けてあげキリギリスは無事に冬を越せたとか、キリギリスの寿命は2か月と非常に短く遊びほうけて暮らしていても実は冬になる前に寿命が来て死んでしまうとかいろいろあります。
この童話の教訓をどう捉えようがあなたの自由です。
あなたは自分にとって一番都合の良い解釈をし、それを信じたらいいんです。
それがあなたの中での「信念」となりその信念にそった現実を造り出し、あなたは生きるのです。

 

当たり前ですが信念に正解や間違いなどありません。
あなたの上司や、部下、親、兄弟、先生、知人などみんなそれぞれ違う信念を持っていて当然なんです。
もちろん、私とあなたの信念も違うでしょう。
そして、信念体系を変えることはあなたにしかできません。
しかも超簡単に変えることができます。

 

「では、どうやって信念を変えたらいいんですか?」
と疑問を持つかもしれません。

 

あのね、その疑問を持つ前にいったいどうやって今の信念を造り上げたんですか?
あなたは自分で勝手にその信念を造り上げたんじゃないんですかね?
誰もあなたにその信念を持てと強制してませんよ。

 

例えば、汗水垂らして必死になって働かないとお金が無くなって生活していけない。という信念を持っている人はその現実を生きることになります。
例えば、難しいことは考えずにいつも笑っとけば勝手にお金が入ってきたり、いろんな人が助けてくれて生きていける(笑)。という信念を持っている人はその現実を生きていきます。

 

「はぁ?!ふざけんなよ!そんなバカな話があるかよっ!」
と反射的に反応しているようでは信念を変えることは難しいかもしれません。
もう一度この記事の初めに戻って「アリとキリギリス」の例えを見てみましょう(笑)

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。