読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

勝つか負けるか

 

私たちは幼い頃から「勝つ」ということを求められてきました。
受験戦争、就職、社内での競争はもとより自己啓発本などには自己に打ち勝て!とまで書かれています。

イコール負けることは許されません。

「っんなこと当たりめーじゃねーか!誰だって勝ちたいに決まってんだろ!」
と思われるかもしれません。
本当にそうでしょうか?
「はぁ?バッカじゃねーの?この世は弱肉強食なんだよ!ぬるいこと言ってんじゃねーよ!」
と反論したい気持ちも分かりますが、本当に本当にそうでしょうか?

いったいあなたは「誰」に勝とうとしてるんでしょう?
そんなに必死になって「何」と競争しているんでしょう?
本当のこと言えばこの世界にあなたの敵やあなたを傷つける人など存在していません。

 

あなたが造り出さない限り。。。

 

この仕組みを説明すると、あなたが「勝つ」ためにはその対象となる「敵」がいなければあなたは戦って「勝つ」ことができませんので、わざわざ「敵となる対象物」を造り出しているのです。

その対象物は人かもしれませんし、お金かもしれません。

もしくは私が想像できる範疇を超えたものかもしれません。

 

ただ、勝っても負けてもどっちでもいい、そもそも競争なんかがしたいわけじゃない、何が起ころうと私が生きたい生き方をするという観念に変化していくとあなたの世界に「敵となる対象物」が存在する必要が無くなるため、あなたは勝つ必要もなければ競争する必要もなくなります。


もちろん、戦うのが好きならドンドン強い敵を造り出し激闘を繰り返せばいいだけの話でそれが正解なわけでも間違いなわけでもありません。
あなたは見事戦いに勝つことでしょう。
なぜなら勝てないような相手をあなたはあなたの世界に造り出さないからです。
あなたがプーチン大統領とケンカにすらならないのはこの理論で完璧に証明できます。
あなたはギリギリ勝てそうな敵を造り出し戦闘に勝利した次の瞬間からもう新しい敵を造り出しているのです。

また、自己に打ち勝つ!という時の「自己」とは何のことでしょう?
「自分=思考」と思い込んでいる方々は人生の中で文字通り死闘を繰り広げることになります。
意味が分からないという人のためにさらに意味が分からない説明をしますと「思考=エゴ」なので必死になってエゴと戦っていることになります。
エゴに戦いを挑んでも勝てるわけないんですね。
エゴというのは戦えば戦うほど無限に強くなるスーパーサイヤ人みたいなもんです。
エゴは非常に強敵です。
莫大な軍事費を使い超強力な武器で挑んだところで返り討ちに合うだけです。
戦い続けるとどうなるか?
死んでしまいます。
自殺です。
これが我が国日本で起こっているのです。
先進国でぶっちぎりの第一位26%超の自殺率を誇る日本の現状です。

 

もうそろそろエゴと戦うのをやめてもいいんじゃないですかね?
亀仙人のように悟空と戦うようなことをしなければ共存できるのです。
エゴとは「あなた」の一部分ってだけで、「あなた=エゴ」ではないのです。
じゃあ自分とは何なのか?
このブログで何度も何度もお伝えしていますが、「あなた=すべて」です。
あなたの肉体はもとより、親、兄弟、友達、会社で腹が立つ上司、急に割り込んできたおっさん、目の前のiPhone、今日歩いてきた道路、寒い日でも照らしてくれる太陽、この宇宙に存在するものすべてがあなたです。
あなたは誰とも戦う必要もなければ何一つ恐れることもないのです。

 

その視点でこの現実世界を見渡せば新しい発見があるかもしれませんよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。