宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

ドバイの日常

 

f:id:somosomox:20161116010220j:plain

 

さすがに遊んでばっかりいられないので今日は仕事です。

バイメトロで「ビジネスベイ」という地区まで行ってきました。

このドバイメトロは完全自動無人運転で4分おきに列車が到着します。

初乗りは2ディルハム(約60円)+1ゾーン内(10駅程度)が3ディルハム(90円)なので150円あればある程度の場所まで移動できます。

 

f:id:somosomox:20161116010547j:plain

 

f:id:somosomox:20161116010615j:plain

 

f:id:somosomox:20161116010637j:plain

帰り道にカルフールへ寄りました。

メチャクチャおしゃれに見えるんですが私だけでしょうか・・・。

 

f:id:somosomox:20161117012818j:plain

 

募金箱がいたるところにあります。

しかも札が大量に入ってますね。

ぱっと見ただけでも1,000ディルハム札が入っていました。

1,000ディルハムとは日本円で約30,000円です。

なんと一回の募金額がで500万ディルハム(約1億5千万円)という大富豪もいるそうです。

 

あと、もう一つビビったのがこのショッピングモールには「スキー場」がありました。

 

f:id:somosomox:20161117013452j:plain

レストランのガラス越しにスキー場が見えます。

かなりデカいです。。。

 

・・・。 話を庶民レベルに戻しましょう(笑)

野菜、果物などの物価は日本より安いんじゃないでしょうか??

画像にあるように例えばリンゴ1kgが10ディルハム(約300円)みたいです。

 

あと、イスラム教の国ですので基本的に「酒」は売っていません。

運良く売っているお店を見つけたとしてもアルコール類を購入するためにはライセンスが必要になるため簡単には買えません。

コンビニやスーパーで売っている「ビール」みたいな商品はすべてノンアルコールです。

また、普通の飲食店でお酒を提供しているとこともありません。

バイでお酒を飲もうと思ったら、入国審査後に空港の免税店で購入してドバイに持ち込むか高級なホテルや高級なバーに行って飲む事しかできません。

酒飲みの方がドバイに行く際はご注意を!(笑)