読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

失うことに対する恐怖 その1

 

私たちは努力して手に入れたものを失うことを恐れます。

また、欲しいものが手に入らないということに焦ります。

 

新しい生き方をしよう、新しい考え方になろうと決めてその通りに生きてみると、最初の段階でいろいろなものを失うという状況が発生するかもしれません。

モノだけでなく、車、家、お金、仕事、友人、家族、などなどいろいろなものが自分の手から離れていき何も無くなってしまうという状況を経験する人もいるでしょう。

もしかしたら、「このまま死ぬんじゃないか?」というところまでいくかもしれません。

生活がメチャメチャになり、いったい何をやってるのか?何のために生きているのか?分からなくなってしまうかもしれません。

でも大丈夫なんですよと言われたところで、

「ぜんぜん大丈夫じゃねーよ!なにふざけたこと言ってんだよ!!人生メチャクチャになったじゃねーか!!」

となるでしょう。

 

なぜだか分かりますか?

なぜこの段階の現実世界はこうも思い通りにいかなくて不自由で不便に感じるのでしょう?

 

ていうか、当たり前なんですよ(笑)

だって、あなたは今まで教えられてきた常識、観念、法則、理論、道徳、思想、視点・・・、すべてを根底から覆そうとしているんです。

古い観念が崩壊している段階ですからそうなるのは当たり前なんですよ。

 

こんな経験はこれまでの人生の中で一度もなかったんですから。

新しい観念を生きると決めた瞬間からあなたが「執着」していたものをドンドン失っていきます。

生き方を変化させた多くの人がどん底を味わい、クソ貧乏な時代を生き抜き、絶望と共に瀕死の状態で生きたという時期があるのはこのためです。

人によっては文字通り「すべてを失う」人もいるでしょう。

 

ちなみに私はそうでした・・・(笑)

 

ぶっちゃけ笑い事ではないんですが、笑うしかないんで笑っちゃいましょう(笑)

この現実は幻想なんだという新しい観念を生きれば生きるほど、強烈な勢いであらゆるものを失い、轟音を立てて人生が崩れ去ってしまったのです。

 

そして気づく時がきます。

「自分の〇〇」というものは実際にはこの世に一つもないということに。

すべては自分の一部だったんだ、自分とはすべてのことなんだということが経験として細胞レベルで分かる時がきます。

失うものなど何もなく、必要なものはすべてここにあるということを強烈に思い知らされる時がくるんです。

ここは非常に重要なポイントになるのではないかと私は思います。

 

長くなりますので「その2」へと続きます。