読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

「もう不満は言わない」リターンズ

 

一年半ぐらい前に、

somosomox.hatenablog.com

という記事を書きました。

 

このブログを始めてからブログ上だけでなく対面でもよく聞かれるのが

「いつからそんな考え方になったんですか?」

という質問です。

 

いつも私は、

「んーと、、、よくわかりません!!(笑)」

と答えていたんですが、こないだ本棚を整理していたら

「もう、不満を言わない ウィル・ボウエン著」

が発掘されました。

 

よくよく考えてみるとこの本に書かれていた「もう不満を言わない21日間チャレンジ」という何とも気持ちの悪い挑戦をし、不満を言わないというのが当たり前になって来たころから何かが変わってきたように思います。

 

ハッキリ言ってこの21日間チャレンジは恐ろしく難しいです(笑)

スタート初日から、

「うわっ!こんなん無理やん!できるわけねーし!!」

と私は不満をぶちまけていました。。。

でもお金も時間もかかんないからやってみるのも面白いかもしれませんよ。

21日間続けるのは至難の業なので不満を言わないクセを付けるだけでも良いと思います。

 

実際にやってみると不平、不満、愚痴、言い訳、悪口などを無意識にけっこう口にしていることに気付くと思います。

不満を言わないという習慣が身についてくると、どんな出来事が発生しようが、どんな状況に陥ろうがネガティブな感情がほとんど生まれてこなくなります。

私の場合、仮に不満に感じることがあっても「なぜそれを不満に感じるのか?」と一瞬立ち止まって考え、別の意味を見つけるというか自分にとって都合のいい意味を与えるクセが付いてしまいました。

この習慣を身に付けるとほぼすべての出来事を笑ってスルーできるようになるので、生きるのが非常に楽になります。

例えばイライラすることや思い通りにいかないことが起きても、プラスの面とマイナスの面を冷静に見ることができるようになり、

「何やこれ!ぜんぜんたいしたことないやんけっ!(笑)」

という感じです。

 

まあ、私にとって効果的であったというだけの話であなたに適応するかどうかはわかりません。

ただ、

「いつからそんな考え方になったのですか?」

の答えとして一番しっくりくるのがこれだと思います。

 

落ちも何もない記事ですが最後まで読んでいただき、ありがとうございました。