読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

ウソをつかないという生き方

自分論

 

その昔、私はよく嘘をついていました。
一般的に言われている嘘は他人につく嘘でしょうが、自分に嘘をついていました。

 

「周りの人に嫌われたくないから」
「みんなに良い人って思われたいから」

 

こんな理由で本当の自分を押し殺し、周りに合わせるような生き方をしてきました。
それはそれはとんでもなく窮屈で、とんでもなくつまらない生き方でした。
毎度のことですが別にそのような生き方を否定する気も批判する気もありません。
そのような生き方が好きな人も世の中にはいますから、それはそれでいいと思います。
ただ、私は個人的にそんな生き方が合わなかっただけです。

 

だんだんと自分に嘘をつかなくなると面白いことに「自分に嘘をつかなくてはいけない」ようなシチュエーションが現れなくなります。
これは私の言葉で説明すると、みんなに好かれるためには自分に嘘をつき自分を押し殺さなければならないというガッチンガッチンな思い込みが溶けたからだと思います。
みんなに好かれる必要もなければ、自分に嘘をつく必要もないし、まして自分を押し殺すことなんかなかったんです。
自然体の自分でいればいーじゃん、もっと楽に生きてもいいんじゃね?と思うようになりました。
そうすると自然体の自分に共鳴するような人が周りに集まり、少しずつですが楽に生きれるようになってきました。

 

この「少しずつ」というのが実はポイントかもしれません。
私ももちろんそうですが、現実世界に結果として表れていないときって焦ってしまいます。
イライラします。
スピリチュアル本を読み漁ってしまいます(笑)
高額な自己啓発?セミナーに参加する人もいるかもしれません。
でも焦って何かをする必要はないんです。

 

こうしなければ、ああしなければという思考にはまっていることに気づいてください。
「でも、これだけは絶対にしないといけないから!」
と言われるかもしれませんね。
もし、今やっていることが嫌ならできるだけ早くやめてください。
「じゃあ、生活できなくなっちゃうじゃん!」
という反論をする暇があったら、10分でも5分でもいいから自分の中に入っていき、あなたが本当にしたい生き方を自分に聞いてみてください。

 

あなたは理想の自分を想像できるはずです。
こう在りたいという自分を必ずイメージできるはずです。
そして、その通りに生きてみるんです。

 

怖いかもしれません。
でも大丈夫!
あなたは大丈夫なんです。
ここですぐに明確な理由を欲しがる気持ちも分かりますが理由なんていらないんです。
科学的な根拠など必要ないんです。
そもそも今の科学で説明できるものなんかこの宇宙の0.0000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000001%以下なんですよ?
そんなもん科学的にとか理論的に説明できるわけないんです。
とにかくあなたは大丈夫なんです。
説明不要なほど大丈夫なんです。
怖がる必要も、嘆き悲しむ必要も、苦しみ努力する必要も、自分に嘘をつく必要もまったくありません。
あなたがそうしたいならすればいいだけの話であって、そうする「必要」はないんです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。