読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

シェアオフィスでの出来事

 

 

私の会社の一つの事業としてシェアオフィスを運営しているのですが、先日入居見学会を行ったところ面白い人が集まってきたので記事にしたいと思います。

そもそも、シェアオフィスというのは全くと言っていいほど儲かりません(笑)

これ一本で飯を食っていくのは至難の業でしょう。

普通の観念では。。。

 

まあそれはどーでもいいとして、見学会の時にいろんな人が来場されたんですがその中に「わたし何をしたらいいか分からなくて今なにもしていないんです…。どうしたらいいんでしょう。。」という女性の方がいました。

私はとっさに「えぇぇーー!!何もしなくても今生きてるんだから超ラッキーじゃーん!!」とその人に言っていました。

すると周りで話を聞いていた人たちが「そうそう、今は何をしたらいいか分からないかもしれないけど、そのうち必ずやりたいことが見つかるよ!」とか「今のその経験が後々必ず生きてくるから心配する必要ないよ。」とか「何とかなるから大丈夫よ。」と口々に言っていました。

なんでこんなにもノー天気な人たちが集まっているんだろう…、と思いましたがまあそれはそれで面白かったので良かったです。

 

その悩める女性は3年前スピリチュアル情報と出会い、今に至るという状態でした。

「さとうみつろう」や「雲黒斎」などの日本人だけでなく、「エイブラハム」や「ロンダ・バーン」などの有名処は網羅している感じでした。

でもなんで今こんな状況なんでしょう?と言われていました。

 

答えはシンプル、非常に単純、

 

「あなたがそれを望んでいるから」

 

です。

 

周りの状況に振り回されっぱなしの時は自分の中に入っていくということを忘れがちで目が回っている状態によく似ています。

地面に立てたバットを額に当ててグルグルグルグル回った後まっすぐ歩ける人は稀でしょう。

目の前がぐわんぐわんになって立つことさえままならない状態です。

人によっては「ヴォェェェー」と吐きそうになる人もいるでしょう。

周りの現実に振り回されて目を回す必要はありません。

 

あなたは中心点にいます。

あなたの世界ではすべての起源はあなたです。

目の前の状況に振り回されるのではなく、自分の中に入っていき「自分はどう在りたいのか?」と問いかけてみてください。

そしてその答えをあなたが決めてください。

当たり前ですがあなたにしか答えられない答えです。

 

その在りかたを決めた瞬間からあなたはそうなります。

それがこの3次元世界のルールです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。