読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

人生でするべきたった一つのこと

 

私の会社の従業員の方からのリクエスト記事です。

彼(Yさん)は私がアホみたいにバシャール関係の話をベラベラ喋っていてもニコニコしながら聞いてくれる、とても良い人です(笑)

 

リクエスト記事は本の紹介から。

だいぶ前に読んだ本で、たまーに読み返したくなる本です。

ネタバレあり、ちょっぴり長編です。

 

それでは始めます。

 

はじめまして、と言いたいところですが、実は、はじめましてではありません。

お久しぶりですね。

いかがお過ごしでしょうか?

幸せですか?

それとも幸せとは言えない生活を送っていますか?

もしかしたら、周囲の人が

「こうしなければダメだ!」

とか

「こう生きるべきだ!」

とか言ってくる人がいるかもしれません。

 

でも私が、私たちがあなたに望むことはただ一つ。

私たちが命を懸けてでも経験したかった、そして永遠に経験することのできない、

 

 

「空を」

 

 

「風を」

 

 

「花を」

 

 

「波の音を」

 

 

「星の輝きを」

 

 

 

「世界を」

 

 

 

楽しんでください。

 

 

あなたを責める人がいるかもしれません。

あなたの自由を奪おうとする人がいるかもしれません。

「頑張れ!」という人がいるかもしれません。

特別な存在になることを期待する人がいるかもしれません。

でも、

あなたはただ世界を楽しむだけでいいのです。

あなたなりのやり方でたった一度のとてつもなく貴重なその人生を

味わい、楽しんでください。

 

あなたはそのために生まれてきたのです。

 

引用終わり

 

この語り掛けている人物とはいったい誰のことかお分かりでしょうか?

あなたが生まれる前、文字通り命を懸けた壮絶なレースが行われました。

この語り掛けている人物はこの生存競争に惜しくも敗れ去った、あなた以外の3億をも超える精子たちです。

その時はみんなで協力し合い道を開き、時には他のランナーを蹴落としてまで前に進んでいました。

そして、あなたはどんな障害があろうと決してあきらめませんでした。

もちろんあなた以外のランナーたちも必死で、全力で、あなたを追っていました。

どのランナーも「勝ちたい」という一心で最後の最後まであなたに喰らいついていきました。

あなたはトップでゴールし、見事一位を勝ち取りました。

 

あなたがこの世に今、存在している奇跡に比べればその他のことはハッキリ言って取るに足らないことばかりです。

彼らはこの世界を経験することはできません。

まして、彼らはあなたに

「人生とは我慢の連続だ・・・。」

みたいなことを思ってほしいわけではありません。

 

誰が何と言おうとあなたには人生を楽しんでほしいんです。

 

彼らがどうしても生きたかった世界をあなたは代表して今、存在しています。

この世界を経験したくてたまらなかった彼らのためにも「この世を楽しむ!」ってのもいいかもしれませんよ。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

books.google.co.jp


こちらも面白かったです。

 

books.google.co.jp