読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

補助金ゲットした話。

 

この度、補助金をゲットしました。

以前からお話ししている通り、私の会社は創業2年目のいわゆる弱小零細企業です。

今回の補助金を獲得するため応募したまでは良かったんですが、まさか最終審査会まで私の会社が残るとは思っていませんでした。

最終審査会は3社三つ巴の争いになりました。

補助金の規模からして当たり前ですが競合相手は私の会社が足元にも及ばないような巨大企業です。

で、なんでか分からんけど最終審査会のプレゼン後、私は合格点を得て見事補助金をゲットしたのでした。

 

今まで私はこんな補助金の存在など全く知らなかったですし、そもそもどうやって補助金を得るのかなど到底知る余地もありませんでした。

 

なんだこれは・・・。

ラッキーじゃないか(笑)

 

なんでこんなことになったのかを珍しく検証してみました。

今回のことに限らず、私が「〇〇って面白そうやな」とか「〇〇がしたいな」と思ったとします。

そしたらそれをするための人やモノ、お金などが自動的に集まってきて「〇〇」が完成するという感じです。

「あのねー、人生そんなに甘くねぇ―んだよ!そんなわけねーだろーが!」

と感じた人はその通りの現実を生きていらっしゃると思います。

 

もう今までの観念では到底説明のつかないことばかりが発生しております。

なんで?とか、どうやったの?と聞かれても、正直申しまして当の本人がなんで?状態ですから人様に説明できるところまでには至っておりません。

とにかく流れに身を任せたらあれよあれよという間に勝手にこうなった、としか説明ができないんですね。

検証してみましたと言いながらまったく検証できていない…

 

まあ、報告話ということで終わりにしたいと思います。

 

中途半端な記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。