宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

転換期(ターニングポイント)について

 

 

人生におけるターニングポイントというものを今までたくさん経験してきたと思います。

試験、入学、恋愛、就職、結婚、出産、離婚、転職、、、

いわゆるターニングポイントとは外部の状況のように見えるかもしれませんが、実はあなたの在り方が変化した時にそれが外部の状況として反映されただけです。

 

逆はありません。

 

外側が変化したらあなたの在り方が変化するのではなく、

あなたが新しい在り方を決めたらそれが外側の現実に映し出されるのです。

 

例えば運命の人との出会いをきっかけに人生が180度変わりました!なんて話をよく聞きますよね。

でも、その運命の人があなたの人生を変えたわけではなく、あなたが変わろうと決意した、あるいは変わりたい!と望んだからその人があなたをサポートするためにあなたの世界に現れただけです。

あなたが変わろうと思っていなければあなたが100回生まれ変わろうがその運命の人はあなたの世界に現れることはありません。

 

まず「あなたの変化」があり、その後「外側の状況」が現れるのです。

あなたが変化しなければ外側の状況がどんなに変わったところであなた自身は何も変わっていないことに気付くはずです。

どこにいっても文句ばっかり言う人や、どの職場で働いても愚痴ばっかり言う人っていますよね?その人が変わっていないんだから状況がいくら変わろうが同じことです。

「外側の状況」とはあなたの過去の思い込みを映し出しただけのものです。

あなたが過去に定義した思い込みを正確に3次元の物質世界へと映し出しているのです。

この理屈は意味不明かもしれませんが目の前の現実世界を眺めれば眺めるほどその通りになっていることが分かるはずです。

〇〇さんは違うよ!とか△△さんの場合はそうじゃないなとか他人の話はどーでもいいんです。

「あなたの世界」の話をしているんです。

あなたの目の前に映し出されている世界はすべてあなたの過去の思い込みが物質化、現実化されただけのものです。

だから「外側の状況」に右往左往されること自体おかしな話しなんです。

なにが言いたいかというと「外側の状況」を怖がる必要なんかないんです。

だって外側にあるものはすべて「あなた」なんですよ。

例えば自分の右手が殴ってきそうで怖いとか左足が蹴りを入れてきそうな気がするとか思いませんよね。

それと同じであなたの世界に現れた人やモノはあなたを傷つけたりすることはありません。

 

単純にあなたに気付いてほしいだけなんです。

怖がらなくても大丈夫だよということを。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。