宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

チョー久しぶりにテレビを見てみました。

 
私はほとんどというかまったくと言っていいほどテレビを見ないんですが、数日前ひっさしぶりにテレビを見てみました。

どのチャンネルがどの放送局かすら分かんないので放送局は不明です。

ジパング」という番組名でした。

その番組はイタリアを取り上げててイタリア好きの私は食い入るように見てしまいました。

 


私はいわゆる「ブランド品」の知識がないどころか、ほとんど興味もありません。

ただmade in italyという響きは「なんか分からんけど高級品?なんじゃね?」と思ってしまいます。

番組内でイタリア高級ブランドの工場の裏事情みたいなのをやってたんですが、超一流ブランドの工場で働く人たち(いわゆる職人さん)が今はイタリア人ではなく安い労働力の中国人になっているみたいですね。

しかも早朝から深夜まで相当こき使われているらしいです。

いわゆる、made in italyが蓋を開けてみたらmade in chinaじゃん!みたいなのを伝えたかったんでしょう。

まあ私が実際に現場へ行って見たわけじゃないんで、本当かどうか知りませんし、中国人でもいい仕事するんなら別に良いんじゃね?と感じる部分もありました。

これは単に私がブランド品に興味がないからかもしれませんが。

 


その中でも「ブルネロ・クチネリ」というブランドは過疎地域に本社を設置し地域活性化をしながら従業員にも働きやすい職場環境を整えている、というふうに取り上げられていました。

前述の通りブランドものに疎い私は「ブルネロ・クチネリ」って生まれて初めて聞きました。

どんなメーカーなんやろ?と思って調べてみたらオンラインショップがあったんで見てみました。

 

Brunello Cucinelli 【Brunello Cucinelli オンラインブティック 】

 

んー、分からん(笑)

ただ、ちょうど夏用のスーツが欲しいなーって思ってたんで、スーツもあるなーと思い値段を見たら「あー、5万ぐらいかー、ふむふむ」と思ってたら「は!?ごじゅうまんえん超えてますやん!ひと桁間違えてたー(^^;;」「セーターごときがにじゅうまんえん!!」

・・・まさに超一流ブランドなんでしょうね。

そりゃ探せばいくらでも上はあるんでしょうが。

まあ、これくらいでビビってるということはブルネロのスーツが当たり前に着れるような中身が私にはまだないということなんでしょう(笑)

 


最後まで読んでいただき、ありがとうございました。