読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

今あなたが持っているもの

今あなたの周りには様々なものが準備されています。
そして今現在のあなたに必要なものはすべて揃っています。
朝起きてから顔を洗うまでのの間でさえ、最適な酸素濃度の空気があり、適切な明るさの太陽の日差しがあり、床があり、屋根があり、寝具があり、扉があり、洗面所があり、蛇口を捻ると水が出る水道があり、タオルがあり、、、とあらゆるものが完璧な状態で完璧な量だけ準備されています。

例えば床が無かったらどうなるでしょう?
床が無い=砂利の上で寝るということです。
砂利の上で寝た経験がある人なら分かって頂けると思うんですがメチャメチャ背中が痛いです。さらにアスファルトやコンクリートの上は固すぎて寝ようと思っても寝れません。

例えば寝室から出るまでの扉が1枚ではなく1,000枚もあったらどうなるでしょう?
例えば今顔を洗いたいのに水が一滴も無くてタオルが10億枚あっても邪魔なだけですよね?

今あるものに感謝できるようになると、足りないものは何もないということが分かってきます。
こういう話をすると「そうか、今あるものに感謝しなければいけないんだな。」となってしまいがちなんですが、〇〇しなければならない状態で物事を捉えるとすごく窮屈になってしまいますのであまりオススメしません。
ただ単にそういう見方をしても良いんじゃない?と思うだけです。
例えば会社を辞めた人などは通勤するための会社が無いでしょうが、その代わり時間が腐るほどありますよね?
今までとは逆の面を見てみたら面白い発見があるかもしれませんよということです。
無いものに焦点を当てるのではなく、「すでに今あるもの」にフォーカスしてみるんです。
今まで当たり前と思っていたモノって実はすごくありがたいんだなということがだんだん見えてきます。

もちろん人に対してもそうですね。
この人のおかげでとか、あの人がいてくれたからとか、〇〇さんにはいろいろ勉強させられたなぁとか、あの時はめっちゃ腹立つわーと思ってたけど今考えると『ああいう生き方を私はしたくない』ということを教えてもらったんだなーとか、人に対しての感謝が自然と発生してくる時が来ると思います。

あなたが今回の人生で経験するために必要なものや人は完璧なタイミングであなたの目の前に準備されます。
それを否定し、非難し、批判し、愚痴り、罵声を浴びせ、怒鳴り散らし、滅多刺しにするのもあなたの自由、または存在するすべてのものに感謝し、困ったことが起こっても笑い飛ばすのもあなたの自由です。
あなたの好きな方を選択してください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。