宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

眠狂四郎症候群と思っていた時期が私にもありました。

寝ても寝ても眠たい。
休日も一日中寝ている。
朝起きるのがメチャメチャ辛い。
とにかく寝ていたい。
と思っていた時期が私にもありました。

眠たい、寝ていたい、別に何もする気が起きないと言うほどではないんですが、「寝る」という行為を身体が欲している感じでした。
あまりにも眠たいんでいろいろ調べてみました。
ここからは少し気味が悪い話になりますので一応先にお伝えしておきます。

 

今回の人生で使用しているこの肉体は「今までの思い込み通り」に生きている時はそんなにエネルギーを必要としません。
しかしながら、この「思い込み」や「当たり前」の変化するスピードがドンドン加速してくると肉体がその変化に追い付いてこれない時期が来るんじゃないかと思います。
まあ、当然かもしれません。
今まで何十年も刷り込まれてきたことが180度変化するわけですから精神的にも肉体的にもヘロヘロ状態になるのでしょう。
分かりやすいかどうか分かりませんが、昆虫がサナギから成虫になる過程に似ているのだと思います。
完全変態性の昆虫類はサナギの中で自分の肉体をドッロドロに溶かして成虫になる準備を行います。さすがに気色悪いんで検証画像は貼りません。。。


目に見えるものも見えないものも同じエネルギーでできていますから、要するに今まで100%信じ切っていた「ガッチガチの思い込み」が溶けてドロドロのグチャグチャになり新たな「生き方」が形成されるその期間は肉体が悲鳴を上げている状態なのかな?って思います。
あくまでも私の適当理論&仮説なんで単純にぐうたらの時期ってだけだったのかも知れませんが…(笑)

まあ、私がそうだっただけであなたにどんな形で現れるかは分かりませんが、思い込みが変化しているいわゆる「過渡期」には今までの常識では計り知れないようなことが頻発するかもしれませんね。
それを繰り返しながら「新しい世界」を造り上げていくのだと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。