読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

毎日グチを言いながら行きたくもない会社に行くぐらいなら、そんな仕事辞めれば?

捨てる論

わたくし、最近、メチャメチャ忙しいです!

そして、ヤバイぐらいに楽しいです(笑)
 
まず新しい人との出会いが自然発生的に次々と起こっています。
古くから付き合いのある人たちも「えっ?この人ってこんな人だったっけ??」とまるで別人のように見えることもチラホラ…。
 
自分の世界の登場人物が5流大根役者からハリウッド級スーパースターになっていってる感じです。
しかも、出会う人、出会う人みんな超楽しい人ばかりで若干怖くなる時があるくらいです。
 
ブレイクスルーが起きる時っていらないものを捨てた時なのかな?
例えば、「クローゼットにしまったまま1年以上も着ていないその服、ホントにいるんですか?」、「食器棚の奥にある何年使ってないか分からないその食器、捨てちゃえばいいんじゃない?」みたいな物質的なモノの処分は比較的簡単かもしれません。
次に、「嫌々ながらも、ズルズル続けている人間関係、スパッと切り捨てちゃえば?」、「毎日グチを言いながら行きたくもない会社に行くぐらいなら、そんな仕事辞めれば?」と自分の生活サイクルに組み込まれているものを捨てるのは、やはり恐怖を伴うかもしれませんね。
 
まあ、私が1番最初に焼却炉に入れたのは「今まで何十年も溜まっていた数々の腐った思い込み」です。
それらを捨てるまではガチガチに古い思い込みに支配されて生きてきた、んー、生かされてきたのかな?だから、それらの思い込みにはもちろん感謝しています。
その思い込みがあったからこそ様々な経験ができたのですから。
 
でも、もうお腹いっぱいになってしまったし、そもそも腐ってるんだからとりあえず捨てちゃおうと。
そしたらスペースが確保されるんで新しいモノが入ってくるんですね。
新しい思い込みを組み立てる場所が確保されるんですね。
 
いらないモノは捨てましょう。
それに感謝し「おつかれさ〜ん( ^_^)/~~~」と言いながら。
心配しなくても、あなたに必要なモノは必ず完璧なタイミングで準備されますから。
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。