宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

「私」をやめることができるでしょうか?

私たちはいつも現れては消えていく事柄に気を取られ、思い悩み、神経をすり減らしています。

もちろん、私も例外ではありませんよ。
 
手に入れたものをいつまでも留める事などできるわけありませんし、一度起こった出来事が二度と起こらないようにいろいろ画策し抵抗したところで無駄な努力に終わることでしょう。
何度繰り返そうと私たちは人生のすべての時間を使い、この絶対にできないことへ挑戦し続けます。
もうヤメロ!と言われたところで、その瞬間は「ああそうか、これはやがて消えていくものなんだ。執着しても仕方ないな。」と思うかもしれませんが、またすぐ元に戻ってしまいます。
 
「私」や「自分」がいる限りこの呪縛から逃れられません。
 
「私」をやめることができるでしょうか?
私のご飯。
私のお金。
私の家。
私の仕事。
私の家族。
私の時間。
私の考え。
私の・・・。
 
当たり前ですがこれらは全て「私」のものではありません。
make sense?
 
は?じゃあ誰のものなの?とまた「私」は思考を開始します。
この無限ループから脱出する方法は「私をやめる」ことです。が、それは不可能でしょう。
 
すべての事象は変化します。
この世で変化しないものはただひとつ「すべての事象は変化する」ということだけです。
これを受け入れたのが大自然であり、この惑星であり、この宇宙なのです。
100%受け入れた状態なのです。
何が起ころうと全てを受け入れているのです。 
私たちがいくら殺戮を繰り返そうが、核実験をしようが、植樹をしようが、ボランティアをしようが、ブラックホールが光さえも飲み込もうがまったく意に介しません。
実はあなたの本質はそこに存在しているのです。
あなたが物事に判断を与えた瞬間「私」が突如として現れ、あなたは無限ループに巻き込まれます。
 
あなたは大自然の一部であり、この惑星の一部であり、この宇宙の一部です。
そして、その逆もまた真なり。
あなたは大自然の全てであり、この惑星の全てであり、この宇宙の全てです。
 
それがどうしたんだよ!?
俺は金が欲しいんだよ!とか、私は早く彼氏が欲しいのよ!と無限ループの中を生きるのもなかなか興味深い生き方です。
 
もちろんこの話を信じる必要などありません。
あなたが好きな生き方を選べばいいだけです。
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。