読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

嫌いな食べ物はありますか?

私は「おから」という食べ物がめっちゃ嫌いです。

全日本おから推進協議会の方々には誠に申し訳ありませんが、あのパサパサ感がたまらなく嫌いです。
おからを今後1日3食死ぬまで食えと言われたら、食事の時間が憂鬱で仕方ないと思います。
 
それと同じことをしている人たちがいます。
毎日したくないことを嫌々やっている人たちです。
 
「毎日毎日おからばっかり食べなくてもいいんじゃない?」
「いやいや!おからは体にいいし、本当はとてつもなく嫌いなんだけど今日も食べるよ(涙目)」
「嫌々食べるくらいなら食べなければいいのに…。他にも食べるものいっぱいあるのに…。」
 
なんでこんなにも短い人生の中で嫌なことを嫌々しているのでしょう?
まあ、その人が選択した生き方ですから特に否定はしませんが、もっと別の生き方をして人生を楽しんでもバチはあたりませんよ。
 
楽をしたら後でしっぺ返しが来ると100%信じ込んでいる人にはしっぺ返しが来るでしょう。
あなたが好きなものを信じればいいだけです。
 
自分が楽しむことによって周りの人を楽しませることができます。
周りを楽しませるより先にまず最初に自分が楽しむんです。
周りを幸せにしたら自分が幸せになるんじゃないんです。
 
逆です。逆。
 
自分が幸せになったら周りも幸せになるんです。
あなたが幸せじゃない限り、周りの人たちが幸せになれるわけないでしょう。
自分で勝手に幸せになっちゃえばいいんです。
お前のためを思って、家族のことを思って、部下のためを思って・・・、そう言いながら眉間にシワを寄せて毎日おからを食べなくてもいいんですよ。
 
それよりあなたはあなたのことを思って、あなたを大切にしてあげてください。
あなたがあなたを大切に扱わないと誰があなたを大事にするんですか?
あなたがあなたと和解し、握手を交わし、抱きしめてあげた瞬間から本当のあなたの人生がスタートします。
ミラクルなことがたくさん起きるでしょう。
偶然という言葉では言い表せないような出会いがあるでしょう。
そりゃあ時にはハプニングもありますよ。
そんな時は
「あなたなら大丈夫!」
と背中を思いっきり叩いて励ましてあげてくださいね。
信じられないでしょうが、本当に大丈夫になりますから(笑)
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。