宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

感謝!100記事記念

まずは皆様に感謝いたします。

適当な記事を100記事も書かせて頂いたこと、適当な記事にも関わらず、はてなスターはてなブックマークをたくさん頂いたこと、アクセスして頂いたこと、コメントして頂いたこと、などなど本当にありがとうございました。

これからも適当な記事を書いていきますが、どうぞ宜しくお願いします。

さて、今日の記事は記念記事のため長文となっております。ご了承ください。

 

それでは、前置きとスカートは短い方が良いと私の中のエゴがつぶやいていますので始めさせて頂きます。

 

津留晃一さんをご存知の方はいらっしゃるでしょうか?

この方のメッセージを私なりにまとめた記事を今日は書きます。

 

咎めることを止めることです。

批判する心に気づいていて下さい。

批判には何の価値もありません。

責めないで下さい。裁かないで下さい。

それが自分であっても、他人であっても。

 

「私はもう人を裁かない」

これをモットーにしてみて下さい。

「私はもう人を咎めない」この言葉を繰り返し、繰り返し唱え続けてみて下さい。

どうぞ根気よくやって下さい。「また咎めてしまった」などと咎めることなく。

例えあなたを咎める人がいたとしても、その人をどうぞ咎めないで下さい。

 

あなたが人から咎められることによってストレスを感じているとしたら、あなたはその時、間違いなくその人を咎めているはずです。

どうぞ勇気を持ってこのことに気づいて下さい。

それが簡単なことであるとは言いません。

 

ですが、あなたが自分を救う道はここにしかないのです。

 

この「咎めない」という真理を自分自身にだけ向け、他人を裁く道具には使わないで下さい。

 

あなたが「うまくいっていない」と感じている時、きっとあなたは何かを咎めています。

批判しています。

それを探して下さい。

あなたの中の咎める心が、批判する心が、今あなたの外側に投影されているだけなのです。

 

「ああすればいいのに」という思いがわいたらそれが批判する心です。

「こうした方がいいのに」と思った瞬間それは裁く心の現れであることに気づいて下さい。

「何でそんなことをするの!」、それは正しくないというジャッジです。

毎瞬毎瞬、自分の下している判断にしっかりと気づいて下さい。

そんな判断する心から離れて下さい。

「批判は必要ないのだ」という言葉を思い出して下さい。

 

「でも、こうした方がうまくいくじゃないですか?!」きっとそう思われる事でしょう。

そんな「うまくいくこと」は無数にあるはずです。

しかし「うまくやる」生き方から少し離れてみて欲しいのです。

「そんなことをしたら、みすみす失敗するじゃないか!」と反論する心が起きることも承知で言っています。

それが必ずしも失敗する訳ではないという事をぜひ身をもって体験して欲しいからです。

 

良いからする、良くないからしない、そういう習慣は基本的に恐れから創られました。

恐れから始まった事は全てあまりうまくいきません。

「いいから」とか「よくないから」という判断から行動するのではなく、全てをゆだねて瞬間を生きてみませんか?

今したい事を自分に許す生き方です。後の事など考えずに・・・。

 

 

「決めたのだからやらないといけない」と、自分で作った計画に縛られてはいませんか?

決めたのは過去の事です。

そんな過去に縛られる必要はありません。

あなたは、毎瞬毎瞬やってくる未来を創造する「今」ある力を使うことを忘れ、せっせと過去の体験から未来を計画していきます。

計画する行為は、あなたを過去の延長線に釘付けにします。

もし創造主に戻りたければ、計画をたてるという行為を即刻止めることです。

計画とは自我を成長させるにはとても有効な手段でした。

しかし、計画とは「今」あなたが持っている未来を創造するパワーをドブに捨てる行為なのです。

 

世界観はあなたが創るものです。

もう、世界はどうなっているのだろう?と問いかけるのは止めましょう。

あなたが好きなように想像(創造)して下さい。

そのときあなたは自分の想像通りの世界であった確証を集め始めることでしょう。

 

 

津留晃一さんのメッセージはとても興味深く、面白さのあまり時には笑ってしまうメッセージもあります。

私は津留さんのメッセージに出会って約3年経ちましたが、私を取り巻く環境が劇的に変化したことは間違いありません。

あなたにも「今」現実を創造するパワーは間違いなく存在します。

そうでなければ、あなたは存在していないのです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。