読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

全日本ボールペンを指でクルクル回すの撲滅委員会

全日本ボールペンを指でクルクル回すの撲滅委員会

私はいつも「あなたはこの世界の創造主です」というようなことを書いていますが、「じゃあなんで、俺が望んだような現実が出てこないんだよっ!」という質問に対して詳しく説明させて頂きたいと思います。

 
この現実世界はすべてあなたの意識が造り上げているのですが、その中には「心地いいもの」と「腹が立ってどうしようもないもの」があると思います。
この「腹が立ってどうしようもないもの」は何故わざわざあなたの世界に現れているのでしょう?
引き寄せの法則などでは「ネガティブな思考が現実化されたのです」などと言われますが、じゃあ「ネガティブな思考をしてはいけない症候群」になる人も多いんじゃないでしょうか?
そんなん無理やん!
もしかして私だけかもしれませんが・・・。
 
それでは、本題に入ります。
 
不快な現実はあなたの古い観念を映し出しただけなのです。
 
あなたは遠い過去に刷り込まれた数々の「〜しなければならない」的な観念を大事に抱えています。
でもそれは本来のあなたにマッチしていないものがほとんどです。
本当はその古い観念を手放したい。
 
だけど怖い。
どうしたら手放せるか?
 
この矛盾に対処するため、本来のあなたは考えました。
「そうだ!目の前にその現実を造り出して、その古い観念をぶっ壊してみよう!」
これは実に効果的なやり方なんです。
単純にそのためだけに、あなたにとって不快な現実が現れているだけなのです。
 
 
例えば他人がボールペンを指でクルクル回すのを見るとめっちゃ腹が立ったとします。
「何やってんだこいつは!ボールペンはオモチャじゃねーんだぞっ!」という観念をあなたは刷り込まれています。
だからそういう人を見るたびにめちゃめちゃイライラします。
繰り返しますがこれは例えばの話ですよ(笑)
そしてイライラが最高潮に達し、あなたは「全日本ボールペンを指でクルクル回すの撲滅委員会」を立ち上げ、委員長として撲滅運動を全国各地で推進します。
でも、ボールペンを指でクルクル回す人をどうしても撲滅できません。
そして「くっそー、なんでだよー!!」となります。
 
なぜだか分かりますよね?
 
そんなことをしてもあなたの古い観念をますますガッチガチにしていくだけです。
そんなことをする暇があるなら、ボールペンを指でクルクル回す人がいても別に良いんじゃね?とあなたの観念を変えればそれが気にならなくなります。
観念が変化した瞬間から、新しい観念があなたの新しい世界へと映し出されていくのです。
 
これは「みんなに良く思われたい委員会 関東支部」の方や「人の役に立たない人は生きている価値がない委員会 西日本統括部」の方々も同じことです。
 
ここまでお分かり頂けたでしょうか?
 
不快な現実が多く現れている人は、例外なく古い観念(本来のあなたにマッチしない観念)を多く持っている人です。
しかしラッキーなことにそれが現実化されているということは、あなたが今まで意味もなく大事にしてきた古い観念を変化させるチャンスなのです。
 
長文になりましたが最後まで読んで頂き、ありがとうございました。