読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

状況や環境は問題ではないのです。あなたの在り方が重要なのです。

バシャール

リラックスしてください。

何をそんなに急いでいるんでしょう?

そんなに急いでどこに行こうとしているんでしょう?

「やばい!やばい!今何時?!」

「え?今は今だよ。」

 

あなた方がこの地球でやることはただ一つ、もっともっと今にいることです。

あなた方は過去に生きることも、未来に生きることもできないのです。

それなのに一生懸命あなた方は過去や未来に生きようと必死にもがいているのです。

 

バシャールの言葉

 

いろんな人がいろんな言葉で「今」の大切さを語っていると思います。

私が読み漁った様々な書籍、閲覧しまくった数々のサイト、出会った人々、結局のところ「今」に生きることの大切さを時には回りくどく、時にはストレートに伝えてくれました。

 

ただ、私はそれを信じることができなかった。

意味が分からなかったんです。

将来の不安があるのは当たり前。だから今は寝る間も惜しんで努力して、他人が遊んでる時こそ苦労して会社のために人生を捧げるつもりで仕事をしてきました。

見事なまでのブラック企業で仕事をしていましたので完全に洗脳されている状態でした。

体はボロボロ、精神的にも病んでいたのはいうまでもありません。

入院中も仕事のことしか考えられませんでした。退院したらまた繰り返しです。

10年以上勤めましたが耐え切れずに辞めました。

 

非常に貴重な経験をさせて頂きました。

私の中で「仕事」というものに対してガチガチの古い観念があったんでしょう。

おそらくそれは幼いころからの刷り込みによって造り上げられたものだと考えられます。

要するにそういう家庭、そういう環境で育ってきたからでしょう。

それが当たり前、それが常識、それが普通。

なぜか?

だってみんなそうして生きているんだから、と意味のわからない理由をこじつけて生きてきたんです。

わたしはそう生きると決めていたんです。

そしたらその現実が目の前に現れるのは当然の結果です。

だけど途中でそれは他人から教えられた生き方であって私が望む生き方ではないって事に気づいたんですね。

 

自分の在り方を自分で決めたらいいだけです。

「どう在りたいのか?」

ただそれだけなんです。

あなたが望む生き方はどんな生き方ですか?

あなたが理想とする自分とはどんな自分ですか?

あなたはそれを決めるだけです。

 

周りの状況に惑わされる必要はありません。

状況や環境は問題ではないのです。

あなたの在り方が重要なのです。