宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

どんなにお金持ちになろうが、どんなにいい家に住もうが、どんなに優しい人に出会おうが、どんなに痩せようが、どんなに髪の毛が生えてこようが、どんなにSEXができようが、どんなに悟りを開こうが

もし、人生やその瞬間が美しいと感じはじめたとしたら、

そのひとは目覚めはじめているんだ。

 

目覚めているひとは、

人生はすばらしい天国であることを知っていて、

瞬間、瞬間を満喫することができる。

 

「アミ 小さな宇宙人」 エリンケ・バリオス

 

どうしてこうも、スピリチュアル関連の書籍の邦題はとんでもないものが多いんですかね?

まあ、それはさておき冒頭の言葉ですが、もちろん目覚めないといけないとかそんなことが言いたいわけではなくて、逆説的にはなるんですが、目覚めたら人生が美しく感じるのではなく、人生を美しいと感じれば目覚めたってことなんですね。

人生とは美しいものなんだと決めればいいだけです。

私みたいなバカまっしぐらでもできますよ。

目覚めるとか悟るとかって何か厳しい修行などをしないといけないんだと多くの人は思い込んでいます。

同じように、幸せになるには血のにじむような苦労や努力をしないと幸せになれないんだと勝手に思い込んでいます。

 

いいんですよ、あなたの好きにすればいいんです。

あなたがしたいことをすればいいんです。

ただーし!幸せを外側に求めてもどこにもありませんよ!

どんなにお金持ちになろうが、どんなにいい家に住もうが、どんなに優しい人に出会おうが、どんなに痩せようが、どんなに髪の毛が生えてこようが、どんなにSEXができようが、どんなに悟りを開こうが、あなたが「今、私は幸せである」と定義しない限り幸せは永久にやってきません。

 

したくないことを嫌々続けているんなら今すぐやめてください。

あなたはそんなことをするために生まれてきたわけではありません。

 

本当はもうあなたは気付いていますよね?

いくらものを手に入れようが幸せになれないってことを。

自分に嘘をついて生きていくのは、ここらへんでやめてもいいんじゃないですか?