読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

好きなものは好き、嫌いなものは嫌いでいいんじゃないですか?

住宅密集地やマンション群を高い位置から見たことがあると思います。

当たり前ですが、その住宅ひとつひとつに人間が住んでいます。

 

私は物理的に俯瞰でこういう景色を見ていると、何かこう言葉がうまく出てこないんですが、昆虫の巣を見ているような感覚に陥ります。

 

頭が狂っていると思われるかもしれませんが、私は昆虫と人間の明確な違いが分かりません。

この考え方から言えば、動物と人間の違いなんて誤差みたいなものだと思っています。

もちろん、私の中では人間と植物だって同じです。

何が違うのか説明ができないんです。

 

この宇宙に存在するものは全て素粒子から造られています。

現代科学で観測できている最小単位は素粒子です。

 

素粒子とは?

 

分かりやすく言うと、エネルギーの渦です。

私たちはエネルギーの渦がたくさん集まってできています。

あなたが見ているこの画面も超高速で渦巻いているエネルギーの渦ですよ。

「は?全然渦巻いてねぇよ!なんでこの硬い画面が渦なんだよ?!」

あなたが観測した瞬間に物質化しただけです。

観測=創造なのです。

 

私は「創造」という言葉を良く使いますが、科学的根拠に基づいて言っているのです。

 

ただ、私はもし家にゴキブリが出たら「あなたと私は同じ存在です。一緒に共存していきましょう。」なんて言うわけもなく、迷わずぶっ殺すんですけどね(笑)

 

だって気持ち悪いんだもん!

好きなものは好き、嫌いなものは嫌いでいいんじゃないですか?

と、自分を正当化して今日は終わりにしたいと思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。