宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

ほーら見てみろ!いくらお前がウダウダ言ったところで、俺はぜんぜん幸せじゃねーんだよ!!

テレビを見ると「これを手に入れればあなたも幸せになれますよ!」という情報しかありません。

そういう情報が「たくさんある」のではなく、そういう情報「しか」ないのです。

テレビというのはタダの洗脳装置ですから。

別にテレビを見るのが悪いとか言ってるわけじゃありませんよ。

 

その中で生活をするに連れて、これを買えば幸せになれるかもしれない、あれを手に入れれば幸せそうな人たちの仲間入りができるかもしれないと思うようになりました。

 

私たちに備わっている、どんな状況においても「自分を不幸にする能力」にはスキがありません。

一時的に「あ、今幸せだなー」と思うことがあるかもしれませんが、それは本当に瞬間的なもので、すぐに「自分を不幸にする能力」がメキメキと音を立ててやってきます。

そして、こうつぶやきます。

 

「いつになったら幸せになれるんだろう…?」

 

そしてテレビを見てみます。

無限ループの出来上がりですね。

 

「今」幸せではない人はいつまでたっても幸せにはなれません。

「いつか」というのはいつまでたっても来ないからです。

 

そして自分は幸せではないんだ!という事を証明するため、さまざまな状況を造り出し「ほーら見てみろ!いくらお前がウダウダ言ったところで、俺はぜんぜん幸せじゃねーんだよ!!」と不幸自慢をし始めます。

私はたまにこういう人に出会うと「あ、お疲れ様です。その生き方をみせてくれてありがとうございます。」と心の中でつぶやきながら手を合わせます。

私はその人の選択した生き方を尊重します。

もしあなたが今後も不幸自慢をしながら生きていきたいのならそれでいいと思います。

誰もあなたの不幸自慢には勝てないでしょうね。

 

そうではなくて「私は今こんなにも幸せなんだ」という事に気がついた人はその通りに生きてください。

あなたが今どれだけ幸せなのかを証明するために、さまざまな状況があなたの周りに発生するでしょう。

 

どちらを選んでも間違いではありませんし、どちらも等しく経験です。

あなたが好きな方を選べばいいだけです。

 

関連記事

somosomox.hatenablog.com