読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

しなければならない症候群

怖れ

 

「あなたが何をするかではなく、何をすることをやめたかが重要なのだ。」

ニサルガダッタ・マハラジの言葉
 
これは深いです。
 
この言葉の意味をそのままとると
「じゃあ何もしないことが1番いいことなの?」
となるかもしれませんが、もちろんそういう意味ではありません。
あなたが「しなければならない」と勝手に思い込んでいることを少しづつやめればいいだけです。
「したいこと」をする時間を増やしていけばいいだけです。
実に逆説的ですが本当にしたいことをしている時、あなたは何もしていません。
例えば本当にしたいことを3時間ほどしたとします。
あなたはそのしたいことに没頭しすぎて「えっ!もうこんな時間?!まだ1時間ぐらいしか経ってないかと思った!」と感じたとします。
その時あなたの細胞は1時間しか年をとっていません。
まあ信じてもらえないでしょうが、年齢を感じさせない若々しい人の秘密はここにあります。
 
楽しいことをしている時、あなたはあらゆる制限を解除する能力を持っています。
そもそも、その制限を造ったのはあなたですから。
 
あなたの目の前にある花を見てください。
あなたの街にある木々を見てください。
何もしていない姿がそこには見えます。
全てを委ねるとはこういう事です。
この地球に抵抗していません。
全てを受け入れ、あるがままの状態で存在しています。
 
本当のことを言うとあなたは「何かをした」と思っているかもしれませんが、実際にはあなたが何かをしたわけではなく「それ」は自動的に発生しただけです。
もちろん「それ」はあなたが造り出したのですが。
 
「それ」を使ってあなたは遊んでいるだけです。
それに抵抗したければ抵抗すればいいだけですし、それを使って楽しみたければ楽しめばいいだけです。
どちらも等しく経験です。
あなたがどちらを選択するかだけのことです。
選択の自由はあなたに与えられているのです。
 
私たちは人生という壮大な暇つぶしをしているだけですよ。