宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

一難去ってまた一難

「一難去ってまた一難」状態ですよね。生きるって。

もう大丈夫と思ってたら、あれっ?またこんなことになってしまった!状態ですよね。人生って。
 
この宇宙に存在しているものの中に完璧でないものはありません。
太陽の位置や月と地球の距離、大気中の酸素濃度、海水の塩分含有量、自然が造り出す壮大で美しい地形、動植物の生態系、昆虫類や細菌類の役割。
これらのバランスがひとつでも崩れたら、私たちはこの地球上で生きていけません。
 
人間という種は生物分類上バクテリアであるという考え方も私は好きですが、今回の記事の内容とはあまり関係ないので掘り下げて書きません。
 
太陽や地球や大気や大自然と同じく、私たち人間ももちろん宇宙の一部です。
最初に戻りますが、宇宙には完璧でないものは存在していません。
ここで三段論法を適用すると、私たちは一人残らず完璧であるという理論が成立します。
 
「いやいや!あんな奴が完璧なわけないじゃん!」と思う人がいるかもしれません。あなたの言うあんな奴がいるからあなたが存在しているんですよ。あなたにとって本当に必要ない人はあなたとの接点がありません。オバマ大統領があなたの友人でないのと同じです。
 
「こんな私みたいな人間が完璧なわけないでしょ!」と言う人もいるかもしれませんね。
この広い宇宙であなたたった1人だけ「私は存在する価値がありません!私はこの宇宙にとって必要ありません。」と言っているようなものです。
他のものは全て完璧な状態で存在しているのに、自分だけは違うんだ!と言っているようなものです。
怖ろしい話です。
そんなわけないでしょう。
だったら最初っから存在していませんよ。
 
また、あなたが「私は人に迷惑かけてばかりだ。人に助けてもらってばかりだ。」と思っていたとします。
だから私は完璧ではない。
だから私は存在する価値がないと言うかもしれませんね。
 
あなたは周りの人たちに「人を助ける」という経験をさせてあげるために存在しているのです。そして、あなたは「人に助けられる」という経験をしています。
単純な話ですが、あなたは「人に助けられる」という経験がしたかった、そして「人を助ける」という経験をしたかった人たちがあなたの周りに現れた。
ただそれだけの事です。
 
あなたは存在するだけで、あなたの世界において無限の影響力を持っています。
全てはあなたを通して生まれます。
あなたの目の前にあるものはある意味あなたの過去です。
あなたが直前まで意識をフォーカスしていたものが物質化されただけです。
 
厳密にいうと「今」とはあなたの意識のことなのです。