読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

一生懸命、汗水たらして働かないとおまえは何者にもなれないよ。一生懸命、人と競争しないと幸せになれないよ。苦労なしでは何も得られないよ。

 

バシャールの言葉より 

 

皆さん方は、こういう言葉を聞いたことがあるのではないのでしょうか。

 

「一生懸命、汗水たらして働かないとおまえは何者にもなれないよ。一生懸命、人と競争しないと幸せになれないよ。苦労なしでは何も得られないよ」

こういう言葉があなたの中に叩き込まれています。

生まれたときからこういう言葉を聞いて育ってきました。

そして、このような考え方を当然、実生活の中で現実化してしまいます。

 

実は、あなた方には微妙な情報が入ってきているのですけれども、それを無視するように教わってきたのです。

常にあなたたちには情報が入ってきています。

必要な情報の全てが入っています。

ところが、入ってきている情報を無視する。

つまり、あなたにメッセージを渡そうとするメッセンジャーを無視しているのです。

 

自分でその時、自分にできる限りワクワクするような事をしていれば、今できないものもだんだんとそこから発生してできるようになってきます。

非常に、おかしいくらい簡単なのです。

あまりにも簡単すぎて、この文明はなかなかそれを理解してくれません。

なぜなら、この文明ではそんな素晴らしいものはそんな簡単に手に入るはずがないと信じられているからです。

 

全てサポートされます。

それは常に、常に、常に、うまくいきます。

例外はありません。

 

引用終わり

 

結局、何を見ても、何を聞いても私の心に一番スッと入ってくるのはバシャールのメッセージなんです。

もちろん、「こんなオカルトが信じられっかよ!」って思う方は信じる必要はありません。

でもね、これを信じたからってあなたは何の損害も被ることはありませんよ。

 

まあ、信じたくなければ信じなければいいだけのことです。

何を信じようがあなたの自由です。

あなたが信じたものがあなたの世界に現実として現れるだけですから。

 

昨日、私はランチのあとアイスコーヒーにするかオレンジジュースにするかを店員さんに聞かれて、アイスコーヒーを選びました。どちらも選べるということを私は信じていますから、アイスコーヒーを選ぼうがオレンジジュースを選ぼうがどちらも飲むことができます。

 

それと同じです。

 

全ての選択はそれと同じなんです。

だけどあなたは「自分にはアイスコーヒーを選ぶ権利がない。アイスコーヒーを飲む価値は自分にはないんだ」と勝手に決めつけてしまっているんです。

 

あなたはあなたの好きな生き方を選ぶことができるんです。

 

「は?お前バカやろ?それとこれとは違うやろ!」言う方もいるでしょう。

だからそういう人はいつまでたっても今の生き方から抜け出せないのです。

 

いつもいつも、「俺はオレンジジュースしか飲むことができないんだから仕方ないよ。アイスコーヒーを飲んでる奴なんか社会のゴミだよね。」って感じで周りのみんなと同調することにより、その観念をガッチガチに固めていってるんです。

 

あなたはアイスコーヒーを選択してもいいんですよ。

好きな生き方を選べるんですよ。

 

これから夏になります。

アイスコーヒーを飲むたびに思い出してくださいね。