読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

占いって面白いですよね?

私は全く興味が無かったんですが、こないだある会合で占い師の方がいまして、一人ずつやりましょうってことで占い大会?が始まったんです。

私は遠慮しますって言ったんですが、まあまあまあってことで確かタロット占いのようなカードを引く感じで、あなたの過去、現在、未来を見ますので3枚カードを引いてくださいって言われました。

みんなキャーキャー言いながら占いを楽しんでいました。

私の番になり、3枚引きました。

すると、その占い師の方がゴソゴソと分厚い本を取り出し何やら必死で調べ始めたのです。しばらく待ってたんですが、

「すみません。過去と未来に出るはずのないカードが出てます。ちょっと分からないので占いを中止してもいいですか?」

「え…。あ、はい。」

占いが終わってしまいました。

って「おい!おいおい(笑)なかなかおもしれーじゃねーか!」

申し訳程度に「現在」に出たカードのことをいろいろ話してましたが、もちろん覚えていません。

それより、その時の占い師さんの顔が今でも忘れられません。

 

占いついでに、前世を見てもらった時の話もさせてください。

なんか予約待ちでいっぱいの、前世を見るスゴイ人がいるって聞いてはいたんですが、まあ、前世なんか興味もないし、そもそも前世ってなに?と思っていました。

ある人の繋がりでなぜか仲良くなりせっかくだから見ますよ!って話になりました。

「あ、ありがとうございます(汗)」

ってことで見てもらったんですが、その人はすぐに、

「あのー、非常に珍しいんですが、あなたの前世は宇宙人です。今回の人生でのミッションは新しい生き方を多くの人に伝えることです。」

そうかー、俺は宇宙人だったのかー。

は?!中世の騎士とか江戸時代の農民とかそんなんじゃなくて?!

まあ、前世が宇宙人だろうがホームレスだろうが私は私なんであんまり今回の生には関係ないかと。。

 

なんかどーでもいい話になってしまいましたね。

最後まで読んで頂きありがとうございました。