読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

「おまえ頭がおかしいんじゃないか?」

私の話ですが、過去に交通事故で激しく跳ね飛ばされ、頭蓋骨陥没骨折が致命傷となり死の淵に追い込まれました。

まあ、今となっては一命を取りとめたと言うことになっていますが、まさしく死んだ状態でした。
奇跡的に意識が戻ったとしても、10年間は安静状態、また重篤な後遺症が出ますと医師から告げられていました。
まあ、いつも「おまえ頭がおかしいんじゃないか?」と言われていますので、それが重篤な後遺症なのかもしれませんが、自分では気にしていません。
 
「死」以外にもいろんな恐怖ってあると思いますが、払っても払ってもまた怖れが発生しますよね?解決した!と思ったらすぐに別の怖れが現れます。イタチごっこです。永久に無くなりません。
だって結局のところ全ての恐怖は最終的に「死」に行き着くからです。
「死」に対する恐怖がある限り、その他の恐怖が無くなるわけがないんです。
 
「じゃあ、お前は死ぬのが怖くねーのかよっ!」
 
あのねー、そういう意味じゃないんです。
例えば、未知なる世界へ足を踏み入れたりする時って怖いなーとか思うじゃないですか?
その怖さをまず想像の中で感じ切ってみるんです。いろんなパターンを想像してみるんです。もちろん、最悪のパターンも想像してみます。
 
私の場合は現実世界で死の淵に追い込まれましたが、もしかしたらその想像の中でも最悪の場合死ぬかもしれません。
けど、私たちは遅かれ早かれ死ぬんです。
 
絶対に。
 
それなら、想像の中で一回死んでみればいいんです。
で、もう死んでもいいやって思えたら恐怖が消えています。
怖いんなら想像の中で何度も何度も最悪のパターンを経験してみるのです。何度も何度も死んでみたらいーんです。
死ぬことに慣れてしまえばいいんです。
また死んじゃったよー、ぐらいでちょうどいいんです。
あなたが一番執着しているのは命です。それを手放してみるんです。
そしたら、その他の恐怖なんかはっきり言ってどーでもよくなります。
 
そりゃ、私が言ってることはバカげてるかもしれません。おめーが死ねよ!(冷笑)と思うかもしれません。
 
これはあくまで私の考え方であり、あなたに適用できるかどうかなんて私には分かりません。
そもそも、この考え方をあなたに押し付けようなんて微塵も思っていません。
 
人生を常に恐怖の中で生きていくのか?それとも、怖れを怖れずにむしろ怖れを楽しんで生きていくのか?あなたが好きな方を選べばいいんです。