宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

それがこの世に生まれてきたことに対する唯一の恩返しだと私は考えます。

例えば私が、

「現実とはあなたです。現実にあるもの全てがあなたです。他人もお金も車も会社も法律もゴミも空も全てあなたです。」

と言ったところで、それを信じる人は少ないでしょう。

 

私たちは物事に対してすぐに合理的な「答え」を出そうとします。

模範的な解答を求めようとします。

今までの知識を総動員して凄まじいスピードで正解を探し始めます。

まるであなたの中にグーグルがあり、それで検索をしているように…。

 

その答えが過去の経験に照らし合わせて合理性を欠く場合、

「そんなはずはないっ!」

となります。

これは仕方のないことなんでしょうね。

 

だって、幼い頃からテストでは正解を選ぶことが当たり前、間違いを選んだ日にはバツを付けられてきたんですから。

3択問題なんか、正解は「1つだけ」「残りの2つは間違い」だったんですから。

でも安心してください。あなたの生き方に「間違い」なんて存在しません。

 

人生の分岐点に立った時、どちらが正解でどちらが間違いか?ということで悩んでしまったら思い出してください。

それって、「他人から見て」正解か間違いかってことで悩んでないですか?ってことを。

人からどう思われるか?とか、周りから笑われたりしないか?を考えている限り、あなたは自分の人生を生きることができません。

必死になって他人の人生を生きようとしているのです。

もちろん、そんなことができるはずがありません。

他人の価値観のなかで、他人に気に入られるように、他人に白い目で見られないように、ずーーっと生きていくことなんかできるわけないんです。

他人にどう思われようがどーでもいいんですよ。

 

あなたがどう在りたいか?

あなたの在り方が重要なのです。

 

ただ、こんな話をしてもピンと来ないでしょう。

だって「どう在りたいか?を考えなさい」なんて、今までそんな教育をされたこと無かったんですから、どう在りたいか?なんて分かんない、というのが普通の答えかもしれません。

 

そもそも、こんな考え方を真剣に聞いてくれる人なんか0.1%もいないかもしれません(笑)

が!仮に0.1%いるとしたら日本に10万人ぐらいはいるかもしれないという事です。

世界には700万人ぐらいですかね?

え…。物凄い数だ…。

こんなぶっ飛んだ考え方をする人が世界中に700万人!もいるなんて…。

0.1%というのは単なる私の根拠のない仮定ですが、改めて計算してみると驚愕の事実が判明しました。

自分で計算してみて、かなり驚いております。

 

私はおそらくこの先の人生をこの700万人の人たちと何かしら関わって生きていくんだと直感で思いました。

なんか話が脱線していますがこのままいきます。

 

その他の超大多数の人たちに受け入れられなくとも、そんな事はどーでもいいんです。

自分の生き方を曲げてまで、自分自身を押し殺してまで他人に合わせる生き方を私は選びません。

そんな人生が楽しいとは到底思えないからです。

どんなに人からバカにされようと、どんなに人から笑われようと、どんなに人から後ろ指を指されようと私は私の人生を生きようと思います。

 

それがこの世に生まれてきたことに対する唯一の恩返しだと私は考えます。

 

もちろん、他人から教え込まれた価値観の中で他人の目を気にしながら生きる生き方を否定しているわけではありません。それが日本人の大多数という事はあなたもご存知でしょうから。

それが好きならそうすればいいだけの話です。

 

私たちは全てにおいて自由です。

あなたはどう在りたいのか?

好きにすればいいんです。

そこには合理的な解答なんてものはありません。

 

あなたが正解を造り出すのです。

あなたが決めた在り方が正解なのです。