宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

宇宙飛行士はそれを感じた。

突然ですが、物事が発生した時には意味が付いていません。

 

正しいとか間違いとか良いとか悪いとか上とか下とか高いとか低いとか意味が付いていないんです。

「いやいや、これは絶対ダメやろー!」ってことがあるかもしれませんが、それを「ダメ」と決めたのはあなたです。

あなたが幼いころから今日まで刷り込まれてきた常識や思い込みにより、物事に対して電光石火のスピードで判断を下すのです。

あなたが判決を下すまでは物事にはなんの意味もないんです。

 

『宇宙飛行士はそれを感じた。

彼らはロケットで宇宙にのぼっていくのだと思ったが、宇宙で気づいてみれば、地球を見上げていた。

それとも、地球を見降ろしていたのかもしれない! 

それでは、太陽はどっちにあっただろう。上か、下か?そうではない!左側にあったのだ。

そこで、ものごとは突然に上でも下でもなく横になった・・・すべての定義が消えたのだ。

それがわたしの世界_わたしたちの世界_真実の領域だ。 

すべての定義は消え、明確な言葉でその領域を語ることさえ困難になる。 

宗教というのは、言葉にならないものを語ろうという、あなたがたの試みだ。

だが、あまりうまくいっていないね。』

神との対話ニール・ドナルド・ウォルシュ

 

神との対話」何とも怪しい題名ですが、面白かったです。オススメです。

それはさておき、意味が付いていない物事に意味を付ける力を持っているのはこの世であなただけです。

あなたがどんな意味を付けたか?によってあなたの世界が造り上げられていきます。

 

そうです、もちろんあなたの人生にも意味なんか無いんです。んー、なんか文章にすると変な感じ…(笑)

あなたがどんな意味を付けるか?

ただ、それだけなのです。

あなたが複雑な意味を付ければ複雑な人生になるでしょうし、単純な意味を付ければ単純な人生になるだけのことです。

どちらが良い悪いではなく、どちらが好きか?どう在りたいのか?

それをあなたが決めるのです。