読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

他人と比較

そもそも、比較とはなんでしょう?

 
あいつより俺の方が仕事ができる!あの人より私の方がきれい!
俺はあいつより給料が少ない…。あーあ、あの人は幸せそうなのに私は…。などなどなど。
 
あなたの親指と人差し指を比べて
「親指は人差し指より短いから親指はダメだ!」
と言うでしょうか?
 
それと同じです。
 
自分と他人を比べることは全く意味がありません。
親指には親指の役割があるように、その人にはその人特有の役割があるのです。
もちろん、あなたにはあなたの特別な役割があるのです。
あなたはこの世の全てを造り上げる創造主です。
 
全てはあなたを通して現実化されます。
 
あなたが存在していなければ、この地球は存在しません。
あなたが創造しない限り、日本という国は存在しません。
あなたがその人を造り出さない限り、その人は存在できません。
 
あなたにはそれほどのパワーがあり、それほどの価値があるのです。
 
あなたとあなたが造り出したものを比較しても結局はどちらもあなたなので、比べるという行為自体が無意味なものとなります。
この視点に立つと、全てのひと、全てのものに対して抵抗がなくなります。
もし、抵抗が生まれたら、あなたの中に残っている古い観念をその人が見せてくれているんだと思ってください。
それを見て、感じたあとは古い観念を新しい観念に組み立て直せば良いのです。
 
今までの観念では、「競争をして勝つことが正しい」と教え込まれてきましたから、他人と自分を比較するのは自然なことだったかもしれません。
死ぬまで他人と自分を比較し続け、勝ったら喜び、負けたら悔しがる。
確かにこの生き方も面白いかもしれませんね。
 
どちらを選ぶかはあなた次第です。
あなたが好きな生き方をすればいいんですから。