読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

他人を傷付ける=自分を傷付ける

他人

そもそも、他人とはなんでしょう?

 

あなたの思考は他人にどう思われているか?どう評価されているか?悪口を言われていないだろうか?嫌われていないだろうか?と常に考えています。

なぜか?

もちろん答えは簡単。

他人に嫌われるのが怖いのです。

 

他人に好かれようとして、思ってもないことを口にしたり、したくもないことをしたり、行きたくもないところに行ったり・・・。こういう生き方をしているうちは同じような人がどんどんどんどんどんどん集まってきます。そしてあなたはこのグループと共に生きていくことになります。

決してそれが悪いとは言いません。

私も昔はそうでしたから。

その生き方が好きなんなら、あなたの好きにすればいいと思います。

ただ、他人に嫌われるんじゃないか?とかどう思われているのか?なんて実はどうでもいいことなんですよ。

 

だって、他人は存在しませんから。

 

あなたが全てを造り上げたのです。

あなたが他人だと思っているあなたの上司やあなたの彼女やあなたの友達はあなたの被造物なのです。分かりやすく言えばあなたの一部なのです。

他人を傷付ける=自分を傷付けることになるのです。

逆に言えば、あなたが他人に傷付けられるはずがないのです。

他人はあなたの一部。そう思って人に接してみて下さい。

この考え方を実践すると他人に対して、また自分に対してどこまでも優しくなれます。

この考え方を実践するとあなたと同じような考え方を持った人がどんどんどんどんどんどんあなたの周りに集まってきます。

 

この世界にはあなたの許可なしに存在できるものは何一つありません。

もちろん、あなたの目の前に存在している他人もあなたが何かの目的のために創造したのです。

じゃあ何の目的のためにこの人たちはいるんだろう?とすぐにあなたは思考を開始します。

そんなものはその5%しか働いていない脳みそで考えても考えても決して答えは出ませんよ。

 

なぜなら、その答えを創造するのもあなたなのですから。