宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

「double blow」とは、ボクサーのパンチのように効くウィルスだ。最初の一撃で、まず、免疫系を攻撃する。これにより、二発目の打撃に対する防御力を低下させる。そして二発目の打撃は、肺炎だ。しかし免疫力の低下した状態では、致命的となる。シュライバーから、この細菌兵器を実際に開発したのはイギリスの科学者だと聞いた。

ナカムラクリニック 院長ブログより 以下引用 100年前、1918年に、医学の歴史上、最悪の大惨事があったんだけど、何かわかりますか。 それは、いわゆるスペイン風邪の流行です。 1918年といえば、第一次世界大戦の最中。 もちろん戦争自体も大変なことだった…

闇は、闇で追い払うことはできない。 光だけがそれを可能にする。 憎しみは憎しみで追い払うことはできない。 愛だけが、それを可能にする。

コロナウイルスの影響によりシンガポールで開催予定だった世界大会が延期となりました。 「明るい北朝鮮」とも呼ばれるシンガポール政府からの通達により厳しい規制が入りましたのでこれを無視してイベントを強行するのは得策ではないという判断でしょう。 …

2019-2020 にっぽんの宝物 JAPAN大会を終えて

今日は前回の記事でご報告させていただいたJAPAN大会の様子を画像でお伝えしたいと思います。 特に閲覧注意画像はありませんのでご安心ください。 1枚目は私たちの作品。 2枚目はその拡大図。 画像にある褐色の肉のように見える物体はすべて私たちが開発した…

最も重要な決定とは、何をするかではなく、何をしないかを決めることだ。

みなさま、お久しぶりでございます。 リアルでお知り合いの方は地方ニュースや地方新聞でもうご存じかと思いますが、この度「にっぽんの宝物 Undiscovered Gems of Japan」にて県大会で優勝、全国大会 部門準優勝を獲得、2020年2月にシンガポールで行われる…

『幸せだ』と感じるとき、人と比べて(その人よりはマシだ)として人をダシに使っている時がある。だが、人をダシに使う行為は本当に正しいのだろうか。

どう生きるかとはどう死ぬかであるという言葉があります。 幸せな生き方がしたい。 そりゃあそうでしょう。 誰も苦しみながら辛い思いをして生きていきたくないですよね。 毎日毎日私はミラクルハッピーですっ!と言いながら生きていければとても幸せかもし…

僕「福山雅治みたいに切ってください」美容師「わかりました…。あんちゅわぁ~ん、あんちゅわぁぁぁぁん」

懐かしすぎて真顔が維持できない(笑) 自分が好きなことをしたい。 みなさん大なり小なりそう思っているのではないでしょうか? それと同じぐらいの勢いで自分がしたいことができない。 こう感じている人も多いでしょう。 今日はふざけた題名にしたお詫びとし…

スピリチュアル難民について

ほんの数年前までは本屋に行っても精神世界やスピリチュアル関連書籍などほとんど置いていない、あったとしても宗教書籍コーナーに申し訳程度に詰め込まれている状態でした。 ところが今は私の住んでいるド田舎の本屋さんでもしっかりと「スピリチュアルコー…

ついに最高裁の判決が出ました。。

いつもご訪問ありがとうございます。 私個人と私の会社が民事で訴えられてから早4年、地方裁判所、高等裁判所、最高裁判所を経て先日ついに最終判決が出ましたのでご報告させていただきます。 事の顛末を子細に記すことはできませんが内容がどうあれ訴えられ…

お金より大切なモノとは

そんなもんねぇよ!と言われるかもしれません。 たしかにお金は大切でしょう。 でも、お金を追い求めても幸せになれないのは現代社会が証明してくれています。 戦後、高度経済成長期を経て所得を上げることに最優先で取り組んできた日本の自殺者は年間2~3万…

「みんな地震大丈夫?」とは、Twitter上に流れてくる女性の自撮り画像のことである。

概要 地震発生時、一部のツイッターユーザーが、「地震大丈夫?」と気遣う文章を、自撮り画像と共に投稿した。その後、文章とは何ら関係のない自撮り画像をアップする意識高い系女子を指す用語となっている。 さて、先日鮎のつかみ取りをさせて頂きました。 …

本物と偽物

最初に言っておきますが私こそが本物で誰々が偽物なんですよ!と言うようなくだらない話をしたいわけではありません。 私は私をまだまだ本物だとは思っていませんし、誰が偽物であろうと大した問題ではないからです。 今回は本物と偽物の違いについて書いて…

多数決を理由に夢を諦めてはいけない。

みんなに反対され、できるわけないと鼻で笑われ、バカなことばっかり言ってないで真面目に働けと言われ、誹謗中傷の嵐の中、針のむしろを裸足で歩き、四面楚歌状態で八方塞がり、救いの道はどこにも見えない真っ暗闇の状況があなたの人生にも現れるかもしれ…

『九州ヴィーガンフェスvol.2』に出店した結果

昨日、『九州ヴィーガンフェスvol.2』に出店させて頂きました。 数年前までまさか自分の会社で食品をやるとは思っていませんでしたし、ましてヴィーガンの人たちと関わるなんて夢にも思っていませんでした。 今回はヴィーガンフェスへ出店するに至った経緯や…

他者貢献至上主義の世の中で

世間一般的に「他者貢献」という行為は自己啓発界隈はもとより、精神世界関係者の間でも最も崇高な行為の一つと捉えられていると思います。 自己犠牲を強いるという意味での他者貢献ではなく自己と他者、双方の幸せを目指すという素晴らしい考え方です。 他…

心に余裕がなくなった結果

人間、心に余裕がなくなるとロクなことを考えません。 イライラしたり、 ヒステリーを起こしたり、 他人を騙したり、 自分だけ助かろうとしたり、 見栄を張ったり、 平気で他人を傷つけたり、 とにかくネガティブ大売出し決算セール並みにマイナス方向へ針が…

ドアを開ける

もともと私たちはとても豊かな存在なのですが豊かではないという幻想を信じ込んでいるので豊かになろう、幸せになろうと一生懸命努力します。 それ自体はまったく悪い事でもいけない事でもないのですが豊かになる方法とか幸せになる方法をとても狭めてしまっ…

私たち人間はどうでもいいことを真剣に語り合うという習性があります

ワイドショーや新聞、ネットニュースはもとより公共放送であるNHKでさえ日々とてもどうでもいいことをさも真剣に真面目な顔をして語り合っています。 芸能人がどうたらこうたら、あらゆるスポーツの速報、来月から始まるドラマの宣伝、政治家の汚職問題など…

どこへ行きたいのかわからなければ、目的地に着いても気づかない。byエルビス・プレスリー

本当の目的地を知っている人はごくわずかなのかもしれません。 多くの人は自分の目的地を見栄えが良いからとか、聞こえが良いからなどの理由でまったくもってヘンテコな位置に置いているように思います。 だからいざその目的地に到着しても「なんか違う…、思…

一番大切な人

新年早々突然ですがこんな私にもとても大切な人がいます。 その人とは私の現在の妻です。 ほとんど会話らしい会話をすることもないのですが別にそれはそれでいいと思っています。 何度も何度もこんなどうしようもない私を窮地から救ってくれました。 何が一…

2018年を振り返って

私は明日から年末年始のお休みとなりますので今年最後の更新になります。 皆さん2018年を振り返ってみていかがだったでしょうか? 私事ですが今年は本当にいろいろな人に助けられた一年でした。 「おめぇーは年がら年中、人に助けられっぱなしじゃねーか!」…

他人を批判する前に知っておいて頂きたいこと

今日この瞬間まであなたの人生に登場してきた生命体はどれぐらいいるでしょう? おそらく膨大な数になるでしょうし、イチイチ全部は覚えていないと思います。 中には忘れられない人や思い出したくもない人などもいるでしょう。 深いかかわりあいを持った人、…

新宿にある「VR ZONE SHINJUKU」へ行って来たでござるの巻き

先週、東京へ行ったときに国内最大のVR施設「VR ZONE SHINJUKU」へ立ち寄ってみました。 どのアトラクションも長蛇の列で2時間待ちは当たり前の状態でした。 まずは一番面白そうな「極限度胸試し ハネチャリ」を体験してみました。 心臓疾患、めまい、閉所恐…

私は決してネバーギブアップしません!

はい、ミスタージャイアンツこと長嶋茂雄さん語録ですね(笑) 諦めるという行為に対して皆さんはあまりポジティブなイメージを持っていないと思います。 確かに、決して諦めるな!という類の言葉を自己啓発本などでイヤというほど見た人もいるでしょう。 一方…

「オレは『ストレス』って言葉をさっき初めて聞いたよ」by高田純次

(笑) 先日、タイ人女性に日本人男性のことをどう思っているか?日本人男性と付き合いたいか?という質問をしてみた、という記事を見ました。 大方の予想通りマナーが良いと言われている日本人はおおむね高評価でした。 世界平均から比べれば勤勉で時間や納期…

誰にも理解してもらえないだろうけど重要な話なのでここに書き記します。(後編)

では前編の言葉に戻ります。 「自分はいない」とは正確には定義できる自分はいないということです。 要するにここからここまでが「自分」という風に定義することはできないということです。 少し意地悪な言い方かもしれませんが「自分はいない」=「自分はど…

誰にも理解してもらえないだろうけど重要な話なのでここに書き記します。(前編)

今回の記事はスタートラインであり最終地点でもあります。 おそらくほとんどの人には理解してもらえないと思います。 もちろん私もまったく理解できませんでした。 そもそも、それがわかったところで何になるんだ!という気持ちもありました。 そんなことよ…

17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイ

www.youtube.com マララ・ユスフザイさんがノーベル平和賞を受賞した2014年、国連本部でのスピーチを見た私は世の中にこんな素晴らしい人間がいるのかと感動した覚えがあります。 男女や年齢の枠を超え、これほどの信念を持ちそれを貫くという選択をマララさ…

「目には目を」では世界が盲目になるだけだ。byマハトマ・ガンジー

暴利をむさぼるという言葉があります。 儲けれたらなんでもいい、カネを稼いで何が悪いという意識のもと利益至上主義を胸に常人には想像できないほどの利益を上げている人や会社が世の中にはあります。 もちろん、そんな人や会社ばかりではないのは分かって…

我慢をすれば願いが叶い、幸せになれる。そう思っていた時期が私にもありました。

私たちが持っている一般的な観念として我慢=美徳というものがあります。 古い話をすれば戦時中の教えに「欲しがりません勝つまでは」をスローガンに全国民は節約、倹約をし、すべての物資を戦争兵器へと注いでいた時代もあります。 さすがに今はそんな時代…

自分探しの旅に出る

自分がどんな人間なのかをほとんどの人はあまり分かっていないと思います。 あまり分かってないどころか、かなりズレた捉え方をしていて相当痛い振る舞いをしている人もいると思います。 また、自分探しの旅に出たはいいがロバが馬になって帰ってくるはずも…