読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宇宙一の適当男

あなたは存在する価値があるから存在しているのです。

お金の恐怖に引きずり込まれる

 

久しぶりにお金の話をしたい気分になったので書いてみます。

まず、この地球の共通認識としてお金があればこの世界のほとんどのモノやサービスと交換することができるという概念があると思います。

これは決して間違ってはいないでしょう。

お金とは大変便利な道具であるということです。

 

ここから裏返して見ていきます。

お金は大変便利な道具であると同時に、お金がないとメチャメチャ不便な思いをすることになるという概念が形成されます。

「お金さえあれば〇〇が買えたのに~」

「お金がないから欲しいものが買えない!!」

という状況が人生の中で幾度となく現れた人もたくさんいるでしょう。

 

実はというとこれは究極の洗脳です。

お金さえあればあなたは幸せになれるんですよという地球規模の恐ろしいマインドコントロールなのです。

そしてみんな必死になってお金を求めます。

本当にお金が原因で人殺しまで起こる始末です。

お金が足りないという強烈な不安感をもとにすべての行動をスタートさせます。

「だって、実際問題お金がないと支払いもできないし生きていけないじゃん!!」

と考えるのが普通なのかもしれません。

確かにそうでしょう。

何も間違ってはいません。

もちろん、その生き方が悪いとは言いません。

どうぞご自由に今までの生き方を続けてくださいと私は言います。

 

中には今までの生き方を変化させたい、新しい観念を取り入れ未知の領域に一歩踏み出したいという奇特な方もいらっしゃいます。

多くの方が一歩踏み出した先でまず初めに立ちはばかる壁。

それがお金に対する恐怖です。

「お金に対する恐怖」をこころの奥深くにずーーーーーっと隠したまま人生を送っている人が非常に多いからです。

こんなにもお金に対して恐怖を抱いていたのか!!と痛烈に思い知らされる状況が発生します。

要するにお金が無くなるのです。

そうでもしないと、お金に対する恐怖と対峙することができませんからね。

ハッキリ言って怖いと思います。

私は死ぬほど怖かったです(笑)

本気で死のうかと思いました(苦笑)

 

どうやってその状況を乗り越えたんですか?とか、どうすればお金がたくさん手に入るんですか?という質問に対する回答をここに書いても何の意味も無いことはあなたが一番わかっていると思います。

 

そんな小手先のテクニックなんかどーでもいいんですよ。

その先にあるものをご説明します。

 

そもそも、あなた本当に今お金が無いんですか?(笑)

お金が無いって勘違いしているだけなんじゃないですか?

私にはお金が不足しているんだって勝手に思い込んでいるだけじゃないですか?

よく自分に聞いてみてください。

そりゃ、通帳残高は少ないかもしれません。

今月の支払いができないものもあるかもしれません。

それに何の問題があるのでしょう?

そんなもんどーでもいいじゃないですか。

本当に払えない、どうしても買えないんだったらそれはあなたに必要ないんですよということを教えてくれているだけです。

いつまで執着するつもりなんでしょう?

「お金の恐怖」に。

 

いいですか?

実際、今この瞬間はお金に困っていないはずです。

今月末や来月、来年、10年後、老後のことをギャーギャー言っているだけでしょう。

違いますか?

「でも、本当にお金が必要なの!全然足りないの!」

と言いたい気持ちも痛いほど分かります。

私もその経験をしましたから。

 

思い出してください。

私は大丈夫なんだと、

何も問題なんかないんだと、

この恐怖を超えることができるんだと、

すべて上手くいっていると、

私は常に拡大しているんだと、

いつも周りに助けられているんだと、

あなたの一番古い記憶をたどり今までの人生を走馬灯のように振り返り良く思い出してみてください。

あなたは思い出すことができるはずです。

私は今まで、ずーっと大丈夫だったんだと。

 

そして決めるのです。

これからも大丈夫なんだと。

 

お金の恐怖に引きずり込まれて生きると決めるのもあなたの自由。

私には必要な時に必要なだけお金は準備されるという生き方を選ぶのもあなたの自由なのです。

 

どちらを選んでも間違いではありません。

あなたが好きなほうを選び、決めてください。

すべてはあなたの選択にかかっています。

決めましょう、

決意しましょう、

覚悟を決めましょう。

その瞬間からあなたの人生は変化します。

 

他でもないあなたの人生です。

素晴らしい人生を送ってください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。